よわいちから マシマタケシ展

d0146314_20365179.jpgd0146314_20464525.jpg
マシマシさんの個展のDMを今回も作らせて頂きました。

マシマシさんとは2011年の個展のDM制作依頼のため、
去年はじめてお会いしました。その頃は彼はまだ屋久島に住んでいて、
尾之間にある彼の壁画を見てずっと会いたいと思っていたひとりでした。
屋久島にいるのだからいつかそのうち会うときがくれば会えるだろうと思っていて、
屋久島に来て1年半後にふいにお仕事を頂き会うことができたのですが、
その個展で東京へ行って帰ってきたとたん、
彼らは東京へのお引っ越しを決めてきたのでした。

彼の奥さん、いっちゃんともとても好きなものがよく似ていて、
一度だけおうちにお邪魔したときの、
なんとも言えないほんわかした時間の流れが心地よく今でもよく思い出します。
あのとき実はショウガが苦手と言えず、
出されたショウガチップを頑張って食べたらその後ショウガにはまり、
ずっと飲めなかったノマドカフェさんの辛口ジンジャーが大好きになったり、、

少しの間だったけど、素敵な思い出のひとつになってます。

そして彼らが東京に移動してすぐにあの震災でした。
遠い屋久島では感じなかったことをふたりはとても感じていて、
それを素直に行動できるふたりをすごいと思いました。

そして今年もまたそんなマシマシさんが個展のDMを依頼してきてくれました。

頂いくのはイラストと個展のタイトル。
そこからイメージして自分の中で形を作ります。
前回のお仕事では悩みに悩んで作ったんですが、
今回はすごくシンプルにいろとかたちがイメージできました。
いつもならいくつもの色と微妙なバランスを何度も何度も配置し直したり、
思いついたりするのに、今回はなぜか「ゴールド」と「ピンク」しか思い浮かばない!
日にちをおいてもう一度考えても、またこの色になってしまう。
なので3案を2案にしぼって、そう説明して提案したところ、
マシマシさんからのお返事も早くに上の案で決定しました。すごく必然な感じでした。

こんな感じで遠く離れていてもなにか通じていればお仕事も可能なんです。
できれば打ち合わせをしっかりして相手の内面にある想いまで感じとって、
いつもはデザインしているのですけどね。
でもイラストレーターさんとのお仕事は、イメージを壊してはいけないし、
色を勝手に変えたら失礼かなとか本当に難しく悩みます。

でもそれだから楽しみでもあるのだけど。


「よわいちから」マシマタケシ展

会場 カフェスロー ギャラリースペース
〒185-0022 東京都国分寺市東元町2-20-10 TEL :042-401-8505

   
日時 2012年 1月 
17日(火)11:30~20:00 18日(水)11:30~20:00 19日(木)11:30~20:00
20日(金)11:30~15:30 *18:30より暗闇カフェ
21日(土)11:00~19:00 22日(日)11:00~19:00 (最終日)
*火~木のカフェ営業は18:00で終了です。それ以外の曜日は営業時間の通りです。

東京近郊の方はぜひ遊びに行かれるといいと思います!
カフェスローさんも素敵だし、そこに向かう道もなんだか素敵だし、
個展を見るだけでなくゆったりと時間を過ごせるのではないでしょうか。
わたしはぜひ顔の絵お点前をしてもらいたい!!
見た目ではなく内面を感じとって描いてもらえるそうですよ。
[PR]
by niid-design | 2011-12-03 21:26 | デザインのこと
<< りんごの夢 iora 太陽と風のライブ >>