新しい名刺

d0146314_1810412.jpg
最近は仕事も多くなり、正式な場でのおつきあいも増えてきたため、
今の名刺(まだ仕事するつもりがなく、わかりにくい英語表記だったので)では渡すのに忍びなく、
今回きちんとしたお仕事用の名刺を作りました。

なによりも仕事のときに「トリコ」という名前でやっているため、
わたし本人とトリコと別人に思っている人も多く、紛らわしいのできちんと名刺にも入れました。

そして前回もそうですが、印刷サンプルとしても使えるように、
今回はすこしだけリッチに表面にロゴマークを箔押し、裏面の情報を活版印刷にしました。
紙はやわらかでぬくもりのある紙を選び、
箔押しもマットの金なので嫌みな感じになりません。

デザインとしては名前からでている小さな→、画像ではわかりにくいのですが、
実はトリの足跡です。雪の上を歩いているようなそんな足跡。
見方によっては→が自分のほうへ向かっていて、足跡は外に向かって歩いているようにも見えます。
自分のほうに向かってきてもらい、いい形で発信できたらなーという想いからです。

活版印刷や箔押しがどんなものが知りたい方は差し上げますので言ってくださいね。
手づくり市で配りたかったけど間に合わず、、残念。

さて、明後日から1月中旬まで仕事と帰省を兼ねて屋久島から離れます。
お仕事のことで連絡のある方は携帯のほうへお願いします。

さてさて、最近まわりの友人たちがすごく素敵なことをはじめてくれそう!!
友人のあゆみちゃんのパン屋さん「おひさんの畑」も今年念願のオープン、
わたしもぐっと刺激をもらいました。
そして来年はわたしもいろんな企画に乗り出していきたいと思っています。
今年1年も充実したいい1年でした。
つらいこともあり、ケンカもあり、ハプニングもあり、
それでも周りのみんなやいたるさんやイッチに助けられて、頑張ってこれたと思います。
みんな、どうもありがとー。来年もできるだけ笑ってすごせるよう頑張るぞ!!
(しかし、帰省前なのに40度の熱でダウン中のわたしでした、、、あと1日で治るかな)
[PR]
# by niid-design | 2011-12-20 18:10 | デザインのこと

もくもく雲とおサカナのお皿


d0146314_21332582.jpg
もくもく雲の粉引き皿(友人が送ってくれた蜜たっぷりのりんごと)

d0146314_2134690.jpg
おサカナさんのお皿(なんか不細工、、)

10月に平内にある新八野窯さんに陶芸の体験にいっていた。
でもその日、急に体験をすることにしたのでなんにも考えてなくて、
いざ土をいじいじしていて何も思い浮かばす、
イッチ用にお魚さんのお皿を、私用に雲のお皿を作ってみた。

サカナとか普段けっこう見てるはずなのに、
実際絵を描こうとしてもサカナって漠然としすぎで、
どうしても納得のいくサカナが作れず、、

でもイッチはこのお皿が大のお気に入りで、
我が家に来た昨日からこのお皿でないと食べてくれません。

d0146314_21384662.jpg
イッチにお皿をもってきてと頼んだら、ちゃんとこの2つを持ってきてくれた。
そして、くもさんのお皿はママね!とりんごを乗せてくれるのだけど、、、
自分のお皿にどんどん乗せるイッチでした。

陶芸って楽しい!!はまりそうです。受け取りのときにもう一度と思っていたけど、
今年いっぱいは体験をお休みしているよう。
陶芸の先生がむちゃくちゃおもしろいおじさんで、それも魅力的だし、
作りたいものがたくさんあるからまた来年たくさん行きたいなぁ。
愛知に戻ったらさっちゃん師匠からアイデアを盗んでこなくっちゃ!!
[PR]
# by niid-design | 2011-12-09 21:51 | ものづくり

りんごの夢

d0146314_19582610.jpg
りんごが大好きなイッチのりんごの話を書いたら、
大好きな友達からりんごがいっぱい届いたよ。

イッチはその箱を開け、キラキラした目で「わー、いっぱい!」とうれしそう。

イッチはまたりんごをかじりながら夢の中。。。
手にはりんご。りんごの夢を見てるのかな。
幸せだね、きみは。


長野に行った友人からたくさんたくさんりんごが届いた。
りんごを半分に切ってみたら、すごい蜜だった!
半分くらい蜜がつまったおいしい、おいしいりんご。
パパもママもこんなおいしいりんごははじめて!!
皮をむいたら、そこまで蜜がきてたよ。びっくり!!!
りんごってこんなにおいしいんだね。
さっちゃんのりんごについで、やーちーからもりんご。
りんごのたくさんある、幸せな冬です。
[PR]
# by niid-design | 2011-12-04 20:08 | イッチのはなし

よわいちから マシマタケシ展

d0146314_20365179.jpgd0146314_20464525.jpg
マシマシさんの個展のDMを今回も作らせて頂きました。

マシマシさんとは2011年の個展のDM制作依頼のため、
去年はじめてお会いしました。その頃は彼はまだ屋久島に住んでいて、
尾之間にある彼の壁画を見てずっと会いたいと思っていたひとりでした。
屋久島にいるのだからいつかそのうち会うときがくれば会えるだろうと思っていて、
屋久島に来て1年半後にふいにお仕事を頂き会うことができたのですが、
その個展で東京へ行って帰ってきたとたん、
彼らは東京へのお引っ越しを決めてきたのでした。

彼の奥さん、いっちゃんともとても好きなものがよく似ていて、
一度だけおうちにお邪魔したときの、
なんとも言えないほんわかした時間の流れが心地よく今でもよく思い出します。
あのとき実はショウガが苦手と言えず、
出されたショウガチップを頑張って食べたらその後ショウガにはまり、
ずっと飲めなかったノマドカフェさんの辛口ジンジャーが大好きになったり、、

少しの間だったけど、素敵な思い出のひとつになってます。

そして彼らが東京に移動してすぐにあの震災でした。
遠い屋久島では感じなかったことをふたりはとても感じていて、
それを素直に行動できるふたりをすごいと思いました。

そして今年もまたそんなマシマシさんが個展のDMを依頼してきてくれました。

頂いくのはイラストと個展のタイトル。
そこからイメージして自分の中で形を作ります。
前回のお仕事では悩みに悩んで作ったんですが、
今回はすごくシンプルにいろとかたちがイメージできました。
いつもならいくつもの色と微妙なバランスを何度も何度も配置し直したり、
思いついたりするのに、今回はなぜか「ゴールド」と「ピンク」しか思い浮かばない!
日にちをおいてもう一度考えても、またこの色になってしまう。
なので3案を2案にしぼって、そう説明して提案したところ、
マシマシさんからのお返事も早くに上の案で決定しました。すごく必然な感じでした。

こんな感じで遠く離れていてもなにか通じていればお仕事も可能なんです。
できれば打ち合わせをしっかりして相手の内面にある想いまで感じとって、
いつもはデザインしているのですけどね。
でもイラストレーターさんとのお仕事は、イメージを壊してはいけないし、
色を勝手に変えたら失礼かなとか本当に難しく悩みます。

でもそれだから楽しみでもあるのだけど。


「よわいちから」マシマタケシ展

会場 カフェスロー ギャラリースペース
〒185-0022 東京都国分寺市東元町2-20-10 TEL :042-401-8505

   
日時 2012年 1月 
17日(火)11:30~20:00 18日(水)11:30~20:00 19日(木)11:30~20:00
20日(金)11:30~15:30 *18:30より暗闇カフェ
21日(土)11:00~19:00 22日(日)11:00~19:00 (最終日)
*火~木のカフェ営業は18:00で終了です。それ以外の曜日は営業時間の通りです。

東京近郊の方はぜひ遊びに行かれるといいと思います!
カフェスローさんも素敵だし、そこに向かう道もなんだか素敵だし、
個展を見るだけでなくゆったりと時間を過ごせるのではないでしょうか。
わたしはぜひ顔の絵お点前をしてもらいたい!!
見た目ではなく内面を感じとって描いてもらえるそうですよ。
[PR]
# by niid-design | 2011-12-03 21:26 | デザインのこと

iora 太陽と風のライブ

d0146314_231765.jpg
いい夫婦の日にmoss ocean houseにてioraさんのライブに行ってきました。

“生涯パートナーを変えない鳥”の名前を持つiora/アイオラ。
ジプシーキングスを思わせる爽快なルンバギターと
ネパールの太鼓マダールが生み出す強力なグルーヴに、
“太陽の声”桃と“風の声”周による唯一無二のツインヴォーカルが吹き抜ける。
ジャンルも場所も世代をも越えて届くメロディーと歌詞世界。
聴く人の「旅する心」を呼び覚ます独創的なiora流ジプシーサウンド。
たった二人とは思えない圧倒的なライブパフォーマンスは全国各地で話題を呼び、
今最も求められる「熱い癒し」を放つ希有なユニットである。〜HPより


窓の外ではたき火を、そして夜空には星、室内には∀KIKOさんの絵とけんたさんが飾った花、
異国情緒が漂っている中に颯爽と現れた桃さんと周さん。
その衣装のかわいさにすでにノックアウトのわたしだったけど、
桃さんの高らかな声と周さんのギター、そしてなによりそのパフォーマンスのすごさに
一気にioraの世界に引き込まれてしまいました。
次から次にでてくるあやしげな楽器や遠吠え、風の音、二人のハーモニー、
とてもふたりだけのライブには思えない多彩な音色。

今まで聴いたことのないライブなのに、すごく懐かしいような、日本じゃないみたいな。
うまく言えないけど、すごく楽しいライブでした。

しかもチケットより高いCD付き。これまたCDのジャケットがかわいい。
屋久島にちなんで、森のようなCD「Verde = 緑 = 森」がミナにプレゼント。
「野良犬ベルデ」と「金魚の見た夢」がとってもいい。

そしてライブで一番好きだった「七本足のアラーニャ」がはいった
CD「Glondrina/ゴロンドゥリーナ」を購入。
1本足の足らないクモだけど、そんなのしょーがないやって、
あるだけでいいやっていうお気楽な7本足のクモのおはなし。

こんな素敵なライブが屋久島で聴けるなんて!ありがとう!!
桃さん、周さん、また屋久島にも帰ってきてくださいね。

あー、旅にでたいよー。南米?メキシコ?インド?アラスカ?
行きたいところはたくさんある。今は無理でもいつか行けることを夢みて!!
[PR]
# by niid-design | 2011-11-25 23:53 | 屋久島のこと