<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カフェスマイリーさんの

d0146314_0503457.jpg
そうだ、そうだ。そういえば、、、
安房川のほとりにある小さなかわいいカフェスマイリーさんのホームページを作りました。

えっと、ほんとのこというとネットには弱いわたし、、、
いまだにフェイスブックとかツイッターの領域にも踏み込めず、、、
パソコン関係のこともぜんぜんわかりません。

だって、紙のお仕事が好きなんですよ。
あの肌触り、質感、におい、折りかた、、、
だからデザインするときはもちろん紙のことも考えてあげてデザインします。
それが一番楽しくて、うっとりしてしまうのです。

なので、もちろんHPは専門外、、、
ずっとずっとそこからなんとか逃げてきたわたしですが、
今となってはなんでデザイン事務所にいる間にもっと勉強しなかったのか、
めっちゃ後悔です、、、あんなエキスパートな人たちがいたのに、、、

そんな中舞い込んだHPのお仕事。でもこれも巡り合わせ。
話を聞くと、なんとかして作ってあげたいなーと思い、
いろいろな制限はあるものの、なんとか完成しました!!

スマイリーさんは手作りケーキとお菓子と自家製マフィンサンドが自慢のお店。
小さくてかわいい店内には、いつ行っても、
地元のおじちゃんからお姉さん、観光客の人たちでいっぱい。
オーナーのやすこさんはいつも笑顔でそしてかわいらしい。
だからかお店も同じ雰囲気を感じました。

ケーキも4、5種類おいてあるので、どれにしようか迷います。
しかも屋久島でケーキをオーダーできるとこはあんまりなくて、
わたしも今回のことをきっかけにはじめて知りました!

わたしは季節のフルーツのシフォンケーキが大、大、大好き。
コーヒーもおいしいし、プリンパフェも!!

地元の人たちが集まるのもわかるなー。
こうゆう気軽にケーキを食べにいけて、ゆっくりできるカフェは少ない、、、
最近は屋久島では数少ないモーニングもはじめたりと。
営業も9:30〜とうれしいです。屋久島はだいたい午後から営業が多いので。
なんといっても名古屋(正確には三河ですけど、なにか)ッ子のわたしは、
モーニングって聞くとわくわくします。日曜はみんなでモーニングもいいなぁ。

あぁ、話がそれてしまった。
とりあえず、お店のやさしい雰囲気を出せたので、よし!!
「カフェスマイリー」さんのHP
けどやっぱりけっこう大変だったので、しばらく、いややっぱりHPの仕事はなしかな〜(笑)
[PR]
by niid-design | 2011-09-30 01:18 | デザインのこと

La table のロゴシール

d0146314_074838.jpgLa tableのお弁当にはるシールを
いくちゃんに頼まれて、
何回も話しあって完成しました。

いくちゃんの目指すものに少しでも近づけたい!と
本当に細かな調整まで何度も見てもらって決めました。

左の写真は最終段階のサンプルで、
実際に貼ってみて、きちんと雰囲気を確かめます。

この3点、いっけん同じですが、
ロゴとブログアドレスの配置が微妙に違うのです。
でもこれだけでもぜんぜん雰囲気も変わるし、
例えばバックのグレーはやさしい雰囲気を出すために、
ブラック1色のグレーではありません。
3色をうまく掛け合わせたあたたかなグレーなのです。

ロゴも今回から変わりました。
まだお店をはじめる前のネーム&ショップ案内カードでは
もう少しフレンチよりの細くてシュッとしたものでした。
そのときはそうだと思っていても、やっていくうちに変わります。
あと自分の理想とする形が自分でわかってくるのかもしれません。

ロゴは一度作ったら変えない!って
思っているかたも多いと思いますが、
わたしはけっこう臨機応変に変えるのもありだと思ってます。
そのほうが楽しいと思うし。
でも根本にあるベースは変わらないはずだから、
そこはちゃんと押さえてあげないと。

で、完成したのがこちら「La table blog」(写真一番上)です。
なんておいしそうなお弁当!!
いくちゃんのお弁当はそれはそれはおいしいのです。
素材ひとつひとつを本当に丁寧に、
いくちゃんの想いが込められてできていることがわかります。

いくちゃん、これからもおいしいお弁当をよろしくね!
※ただなかなか遠くて買いに行けないけど、、、
[PR]
by niid-design | 2011-09-25 00:28 | デザインのこと

きょおはママのたんじょおびぃ

d0146314_2113935.jpg
はい、今日9月21日はわたしの誕生日です。あぁ、ついに35才、、、
30才を越えたあたりから、自分で年を忘れがち、、、あはは。
でもやっと大人になったような実感が最近になってやっとでてきました。
いつまでも気持ちは14才くらい、、、でしたが(笑)
イッチと共に成長中ですね。35才になったらやりたいことがあったけど、
38才を目指して頑張ろうと思います。

話は戻って、、、誕生日。毎年のようにいたるさんには忘れられる始末、、、
今年は9月の初めにお姉ちゃんのプレゼントが届いたりして、
なんとなくそのときに日にちを話していたから、覚えているかなーなんて思ったり。

毎年自分でケーキを買って来て、盛り上げていたんだけど、
今年はなんとなく何も言わないで過ごしてみる。

朝、普通に過ごす。
昼、台風でダイビングが中止になり、二人でご飯食べる。
夕方、うちの母から荷物が届く。わたしの欲しかったパーカー2着。やった!!

そして、めずらしくパパがイッチのお迎えに行ってくれた。
これはもしかしたらケーキを内緒で買って来てくれる??なんて淡い期待もむなしく、
夕食のときに近所の友人が「今日誕生日だよね!おめでとー!!」とプレゼントをくれたとき、
やっと「あ!知ってたよ!!おめでとう!!あ、ケーキね、あるよ、あるよ」。

、、、、、やっぱりか。覚えてませんでした、、、はぁー。悲しい、、、
ケーキは先週屋久島へ来てくれた大瀬のダイバー仲間の友枝さんが
来週誕生日だよね!と持って来てくれたものです。友枝さん、ありがとう。
やっぱりケーキなかったよ。おいしく頂きますね。

そうそう、でもパパの代わりにイッチが、
「トン、トン、トン、トン、たんじょうびぃ、きょおはママのたんじょおびぃ、ぽーん!」
と歌ってくれたので、ちょっと泣きそうにうれしかった。

そして近所の友人ちえさんからは手作りの鳥さん、、、もふっとしててわたし好み!
そして大好きな友季さんからはお手紙とプレゼントが!!
そして親友やお姉ちゃんからは毎年届くメールが。とくちゃんからもメール!
そして屋久島で知り合った素敵なお友達めいちゃんからもメールが!!
大瀬のダイバー仲間からもケーキもらったり、メッセがきたり。
パパですら忘れているのに。ほんとありがとう!!
そして21日になってすぐにお祝いメールをくれたF氏。いつもありがとね!!

パパには忘れられてましたが、今年はなぜかたくさんの人に祝ってもらって、
心がすごくあったかくなりました。
ちょうど気分がめいっていたときだったので、そうゆうのが伝わったのかな、、、

パパ、来年こそは覚えていてよね!!ほんとにもう!!

【追記】
パパはというと誕生日の次の日にそそくさとお花とケーキを買って来てくれました。
お花を買うのははじめてみたいでとっても恥ずかしかったとのこと。
1本のひまわりと3本のピンクのバラ。変わった組み合わせ(笑)
そして夜はパパ自慢のトマトカルボナーラとサンマの香草焼きを作ってくれた。
とってもおいしかったけど、誕生日は昨日だけどね!!っていじめてやりました。
去年はその辺の草花をちぎってもってきてくれたような。
でもありがとう。ちゃんと言ってないけど、すごくうれしかったよ。
[PR]
by niid-design | 2011-09-21 21:51 | おもうこと

「森、道、市場」開催です。

d0146314_10242281.jpg
本日、愛知県の三ヶ根山ロープウェイ山麓駅跡周辺にて「森、道、市場」が開催中です。

告知遅れましたが、ぜひ最寄りの皆さんは足を運んでみてください。
蒲郡の天気は弱い雨から曇り!なんとか開催されそうですね。
それにしてもちゃんと雨用のマップ作ったりと、かなりプロな動きしてますね。
幻の森、道、雨、市場になったようですが、どうなんでしょうねー。

以前働いていたdesign office switchが実行委員会として動いていて、
さらに事務所の下に作った生活雑貨とカフェーの「生活の柄」でも参加するそうです。
あと友人がプロダクトデザインしている「スパイス」さんや、
小、中、高と同じ学校の友人で地元豊川でかわいいカフェ&設計事務所をやってる
「h a a g c a f e + H A A G D E S I G N」も参加します!
その他にも本当に素敵なお店やカフェ、そしてライブいろいろです。

なによりわたしの尊敬するF氏によるデザイン関係が素敵すぎて、、、
相変わらずおもしろいことしてますね、、あぁ、すごいな!

わたしも参加したかったのだけど9月の3連休ということもあり、
ダイビングの仕事がまだまだ忙しく、お話を聞いたときには調整できず無理だった、、、
あぁ、本当に本当に帰りたかった!!参加したかった!!

来年もやるよね?やるよね?
来年度の計画にはじめから入れておかなくちゃ!!
今頃は、、、すごい市場になってることでしょうね。

忘れてしまったモノをさがしに、森へいこう、、、

あのワクワク感、今と昔、森と都会とを繋ぐ素敵な素敵な「森、道、市場」。
ぜひぜひ今からでも出掛けてみてはどうですか?
[PR]
by niid-design | 2011-09-17 10:56 | デザインのこと

赤ちゃんの記憶

d0146314_15262156.jpg
ずっとやりたかったことのひとつ。

子供が言葉を話しはじめた頃にママのお腹にいたときの記憶を聞くと、
まれに覚えていて話してくれるらしいと何かで聞いたことがあった。
それはぜひとも自分の子が産まれて話すようになったら聞いてみたい!と思っていた。

昨日はパパが風邪でダウンのため早くに就寝。
イッチと二人、夜、暗い部屋で静かにトトロとラピュタを見てたらとろんと眠くなった。
お布団に行き、うとうとしながら、ふとその事を思い出し、聞いてみた。


ーイッチーはママのお腹の中にいたんだよ。知ってる?ー
「知ってるよ。」

ーママのお腹の中は何色だった?ー
「えっとねー、アカぁ!!」

ーどんな音がしてた?ー
「うみ色の音!」

ーお腹の中はどんな感じだった?ー
「えっとね、楽しかった!なんかね、光が見えてたよ。」

話していて、すごくそれっぽいことを言うもんだから、
おもしろくなってイロイロ聞いてみた。

ーイッチーはママのお腹に来る前はどうしてたの?ー
「うーんとね、、、、、さみしかった!」

ーどうしてさみしかったの?ー
「パパとママに会いたかったから。」

ーそっか、パパとママに会いたかったんだ。ママもイッチに会いたかったよ。ー
「ママすきー。パパは嫌いなんだよね!でも好きだけと嫌いなんだよね。」

なんて話しながらイッチは眠りについたのでした。
本当に記憶があるかはわからないけど、
不思議とそう話すイッチを見てちょっとだけ泣けました。

最近はよく自分でお話も作ったり、創造の世界に行ったりするイッチ。
でもあの眠りにつく前にいろいろ考えたりしないだろうから、
本当の記憶かもしれないな。そんな、おもしろい体験でした。
[PR]
by niid-design | 2011-09-15 15:45 | イッチのはなし

で、でかい、、、

d0146314_010598.jpg屋久島に初上陸した、
たらこキューピーちゃん!!

で、でかい、、、
大きいイッチも小さく見えます。
パパくらい大きなキューピーでした。

ちょっと大きすぎて不気味なくらい、、、
でもイッチはうれしそう。
イッチはどちらかというと巨大キューピーよりも、
となりの起き上がるキューピー相手に
楽しそうに戦いを挑んでしました。

屋久島ではあんまり人気のなかったキューピーちゃん。
時折、すみっこでポツンをさみしそう。

わたし的にはたらこの踊りを
かなり軽快に踊っていた秋葉系のお兄さんがツボ。
小学生の女の子たちにきもーい!と言われていたけど、
そんなことは気にせずにノリノリで踊り続けるお兄さん。
ご苦労さまです、、、

まさか屋久島で巨大キューピーに会えるとは!

また来てほしいものです。
[PR]
by niid-design | 2011-09-14 00:18 | イッチのはなし

光になった日

d0146314_2371983.jpg
9月5日は大切な人が光になった日。

去年は少しだけブログに書いて、次の日には消してしまった。
なんとなく15年が過ぎて、気持ちの整理に書いてみたんだけど、
やっぱりこの15年の気持ちをうまく書けなくて消してしまった。

いまもやっぱりうまく言えない。本当のことを言えば後悔ばかり。
その後悔や悲しみから逃れたいとさえ思ったときもあったけど、
でも今は彼と過ごしたほんの少しの幸せな日々が自分を作る糧となり、
彼と出逢えたことがわたしの人生の喜びでもあり、人生そのものを変えたと思う。

ただあまりのショックに当時の記憶で曖昧な部分もたくさんあったり、
未だに夏になると彼の事故の知らせの電話がかかってくる夢を何度も見て、
寝ることさえ怖くなってしまうこともあった。

ちょっとした悲しいことでもすぐにこの大きな悲しみにリンクしてしまい、
息ができなくなるほど嗚咽してしまうこともよくある。
いたるさんとのささいなケンカのときでさえ、そんな風になってしまったり。
震災のときにも深く落ち込んでしまった。知らない人のニュースでさえ、
救急車の音ですら急に目の前が真っ暗になることも。

そんなわたしでもゆっくり寄り添ってくれるパパにはとても感謝している。

わたしは自分の弱さから彼の事故のことを誰にも詳しく聞けないでいた。
彼のお姉さんのブログを読んで、今日はじめて知ったことがいくつもあった。

彼はひき逃げ事故で亡くなったのだけど、犯人はしばらく見つからず、
衣服に付着した車の塗料から車種がわかり、
新聞に載った後に自首してきたこと、犯人が30才の女性であること。
それは知っていたのだけど、飲酒運転であることは知らなかった。
そして通報したのが、その運転手の母であることも。

当時捕まらない犯人がもしかしたら事故現場を通るかもしれないと、
友人と一緒に事故のあった時間に事故現場に一週間座りこんでいた。
もし逃げずにすぐに通報してくれたら、彼は助かったんじゃないのか?
あの夜に彼だけ友人たちと遊びに行かせずに、自分も一緒に行っていたら、
自分が家に帰っていなけば、、、
もしこうだったら、もう少しこうすれば、そんな自問自答の繰り返しだった。
とにかく悔しくて憎くて、なんで??どうして?ばかり。

でも何年も月日がたち、自分が30才になったときにふと思った。
もし自分がふとしたきっかけで事故を起こしたら?もし家族が事故を起こしてしまったら?
事故というのは被害者家族だけじゃない、
加害者家族だって壮絶な悲しみを背負ってしまうことになる。
自分が母になって、いろいろなことを思った。
いつかわたしにはわたしを支えてくれる別の人ができるけど、子供の代わりはいないのよ。
と彼のお母さんが言ったことがいつまでもココロの中にあった。
自分も母になり、その悲しみの大きさが、
またわたしとは別のさらに大きな悲しみであることを知った。

飲酒運転は絶対にだめだ。本当に本当にそう思う。
大丈夫なんて絶対ありえない。眠いのなら、どこかで寝てから運転すればいい。
今もまだなくならない飲酒運転。たった数メートルでも絶対にしないでほしいと思う。
屋久島でも少しの距離だからと飲酒運転したという話を聞いて悲しくなったり。
そうなってからでは遅いのだから、絶対にやめてほしい。

パパにもいつも注意していること。飲酒もちろんないけど、パパの車は大きな車だし、
ダイビングの後は疲れているので絶対注意してと言っている。
彼にも運転注意しろよ!とよく言われる。そうやって何度も確認して、
しつこいくらい言い合っても言い足りないくらい注意することの大切さ。
自分が事故するだけならいいけど、人を巻き込んでしまうことの恐ろしさ。
わかっているから、ちゃんと皆に伝えたいと思った。

この16年間、自分で自分を不幸にするようなことばかりしてきた。
幸せになってもいいのか不安に感じることもあったし、
わけのわからないことをして友人が離れていきそうになってしまったことも。

でも友人たちはそんなわたしでもちゃんと見ててくれている。
18のとき、わたしを助けてくれた友人たち。みんなみんな大好き。
その中のひとりが今、病気で倒れてしまった。
快方にむかっていたのに、またさらに倒れてしまったのだ。
友人たちもわたしもいっぱい泣いて、そして普通の生活を頑張ろう!とメールがきた。
彼女のそばにいけないわたしに、みんなから報告メールや電話がくる。
彼女の様子がわかって、すこしだけココロが安心する。
動けないカラダでちゃんとみんなの話を聞いて笑う彼女。
わたしの尊敬する友人。彼女のように強くなりたい。

今はね、わたし、幸せだ!とちゃんとみんなに自信をもって言える。
友人、家族、そして彼の家族にもちゃんと幸せだと伝えたい。

泣きながらこの日記を書いていたら、わたしのそばにイッチが来て、
「ママ、泣かないで、イッチ、ママが大好きだから」と言った。
こんな幸せってないよね。でもそんな幸せが奪われてしまうことがあることを知っている。
だから、気をつけることは気をつけて、そして自分も後悔しない生き方をしたい。
毎年9月にはいつも思う、強くしなやかに生きて行きたい。

なんて言いつつも、いつも後悔ばかりで、格好悪くて、泣き叫んで、失敗もして。
だからそんな自分でもいつも見守っていてね、イクマ!!
パパ、イッチ、トモ、フータ、フニャ、フミ、ミワ、みんな大好き。ありがとう。
[PR]
by niid-design | 2011-09-13 00:53 | おもうこと

姉からの贈り物

d0146314_05632.jpg
ちょっと早い誕生日プレゼントが姉から届いた。
雑貨好き、布好きなわたしたち姉妹はときどきこうして送りっ合っこしている。
自分では買えないものや、どちらかが名古屋に帰ったときに買ってと頼んだもの。
屋久島と秋田という遠いところに行ってしまった二人だから、
こうしてプレゼントが届くと、自分で買うよりうれしかったりする。

今回届いたもの。
わたしが頼んだDEEN&DELICAの生キャラメルとほうじ茶。
ほうじ茶は柳桜園のものがなかったらしく、DEENのものにしたけどおいしいとのこと。
そしてババブブレの飴。これ大好きなんだ。
あとはマリメッコの布とエコバック。かわいい、、、
最近密かに自分もネットで買ったsousouの手ぬぐい。
sousouの手ぬぐいを衝動買いで7枚買ったんだけど、これは迷ってやめたやつ。
やった、悩んで違うのにしてよかった、あは。
秋田でsousou展なんて!うらやまし!!秋田って意外といいイベントあるよね。
屋久島は、、、雑貨はないからな。

そして「トリ、好きでしょ?」と奇妙なとりさんと木のトリさんと、
わたしがノマドカフェさんのおトイレでかわいい!!と密かに一目惚れしていた、
トリさんのポストカードが入っていた。めちゃかわいい。

d0146314_0141017.jpg
わたしのパソコンまわりにはトリさんがいっぱい。うさぎも2匹ほど。

でも一番のお気に入りはミナで買ったヒナ。
ちょうどよい大きさと丸っとした形、そして気持ちのよい重み。
なんてかわいいんだろう。これは今年実家に帰ったときに行った京都の旅で購入したもの。
ときどき、パパとイッチに拉致されます。ふたりともこのヒナが好きらしい、、、

あー、京都行きたいな。鎌倉行きたいな。いや、もう鹿児島でいいから行きたい。

この前、いたるさんに「どこ行きたい?なにしたい?」って突然聞かれた。

私「鹿児島行きたい!!」
い「いや、屋久島で。どこかにご飯食べに行こうか?」
私「鹿児島行きたい!!」
い「えっと、、、じゃあ屋久島で泊まりに行こうか?」
私「鹿児島に!!」
い「、、、、」

終了〜。てなわけで行けそうもありませんが。ダイビングが落ち着いたら、
デザインのお仕事が少しずつ忙しくなってきました。だから当分は行けません。

最近は夏の疲れかずっと体調も悪く、
いろいろなことがあってちょっと落ち込んでいた矢先に届いた小包。
とってもとってもうれしかった。ありがとう、お姉ちゃん!!
[PR]
by niid-design | 2011-09-08 00:25 | 雑貨のこと

この夏のイッチ

d0146314_2339430.jpgd0146314_23383155.jpgd0146314_23384871.jpg
夏まつりが大好き。なんといってもナンバー1はわたあめでした。
そういえば、わたしも縁日ではかならずわたあめを買ってもらう子だったなぁ。
いつのまにか知らない人にもらっていた大きなスイカをほおばるイッチ、、、
3度行ったお祭りで2度も迷子になり、宮之浦のお祭りではこっそり後をつけてみたら、
ぜんぜん知らない人にひたすら話しかけたり、何かもらったりしていた、、、
おいおい、絶対きみ、連れ去られちゃうぞ。

d0146314_2341966.jpg
忙しい夏、イッチに会うためだけにじぃじとばぁばがやってきた。
パパはお留守番でいわさきホテルでつかのまのバカンス。
大好きなばぁばと特大かき氷をつつくイッチ。とにかく大きかった!!

滞在時間24時間という短い時間。
母とは大人になってから旅行にいくと、必ず一緒にマッサージを受けていた。
今回は絶対母にプレゼントしたかったLilima Linaのヘッドマッサージ。
イッチを寝かしつけて、ゆっくりふたりでマッサージをうけれて幸せ〜。
夜だというのに快く引き受けてくれた麻子ちゃん、どうもありがとう。

d0146314_23463826.jpgd0146314_2347011.jpg
今年は保育園にいっているので、海で泳ぐよりもお迎えのあとそのまま夕陽のいなか浜でよく遊んだ。
本当にきれいな夕陽。こんなきれいな風景で涙したのはここの夕陽がはじめてだった。

d0146314_23495120.jpgd0146314_23501562.jpg
最近絵本が大好き。ひとりでも読むように。
しかも自分で基地をつくったりして読んでいる。おもしろい。
保育園に言って、言葉もずいぶんしっかりして、自分でお着替えもするし、
なんでも自分でできるようになった。すごい成長だ。
最近ではパパよりお片づけができるし、掃除もしてくれる。
ママが忙しくて洗いものをためていたら、遠くからジャージャーカチャカチャと!
ひとりで踏み台をもってきてお皿を洗っていたときはビックリ(笑)
理由を聞くといつも「ママがすきだから!!」といってくれるイッチ。
こんなに誰かに好きでいてもらえるなんてママは幸せものだね。

まだまだ他にもいっぱいあったイッチとの夏の想い出。
忙しすぎて書けなかったからざっと走り書き。
どんどん大きくなっちゃうなー。もっとゆっくりでいいんだよ。すでにさみしいママでした。
[PR]
by niid-design | 2011-09-06 00:03 | いろいろなはなし

幸せ配達人来る。

バタバタだった慌ただしい日々も過ぎ去った夏の終わり。
我が家に「幸せ配達人」が来てくれました!!

1ヶ月ほど前にきたポストカードの問い合わせ。
屋久島を旅して最後にいたるさんのウミガメのポストカードに出逢い、
購入して帰ったのだけど、とても感動したので友人にも渡したいとのこと。

ウミガメポストカード、はじめての通販!!
その想いのこもったメールを読んで、わたしもとってもうれしかったのです。
感謝の気持ちもこめてSuisuiと原写真も一緒に送りました。

そしたらなんと我が家に幸せ配達人が来たのです。

d0146314_15132146.jpg
かわいい配達人のみんなに囲まれてうれしそうなイッチ。

彼女たちはそのポストカードを送った方のお仕事の後輩の子で、
屋久島に来る彼女たちが、
その方のかわりに手紙を届けてくれると提案をしたそうです。
そんな優しくて素敵な3人組を「幸せ配達人」と呼ぶことにしましたと手紙にありました。

Sさんはこの夏の屋久島での旅行で、その風景や温かい人たちとの出逢いで、
屋久島のことが大好きになったそうです。

幸せ配達人の皆さんが持って来てくれたのは、「小包説明書」とかかれたお手紙ノート。
すごい!!なんでも2日後に小包みまで届くそうです!!

彼女たちにSさんの話をきいたり、志戸子を一緒に散歩したり、写真を見にいったり、
少しの間だけどいろんなお話をしながら過ごしました。
そして2日後の夕方、もし晴れてたら永田のいなか浜でまた逢いましょうと言って別れました。

d0146314_15231948.jpg
2日後に届いた小包みにはSさんの想いと素敵な雑貨がいっぱい!!

イッチが手にしているのが幸せ配達人が持って来てくれた小包み説明書。

ひとつひとつ説明書を見ながら、とてもうれしく開いていきました。
ポストカードからこんなうれしい贈り物と配達人の皆さんまで訪れてくれるとは!!

そしてプレゼントの中に、もうひとつうれしいものが!
なんと友人がプロダクトデザインしたビニールバックが入っていたのです。
いやー、これを選んでくれたことが不思議でうれしい。
そしてわたしの大好きな手ぬぐいまで入っていました。本当に本当にありがとう。

また新しいポストカードができたら、絶対送りますね!!楽しみにしていてください。

そうそう、2日後の夕方、いなか浜では幸せ配達人の姿が!
ちょうど子ガメたちが海へと向かって旅立っていくところでした。

ウミガメのポストカードが繋いでくれた今回のとっても素敵な出逢いにありがとう。
いつかまたSさんにも逢いたいな。
でも絶対に彼女はまた屋久島にきっと来るだろうから、そのときに逢いましょうね。
[PR]
by niid-design | 2011-09-01 15:37 | いろいろなはなし