<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

苔会

d0146314_21122175.jpg
屋久島に春をつげるオオゴカヨウオウレン。
小さな小さな可憐な白い花は、わたしにちょっとだけ勇気をくれる。
寒い寒い屋久島の冬の森に白い花を見つけると、ふっと心が温かくなった。


先日友人に「苔会」なるものがあるときき、それはぜひ参加したい!と名乗りをあげた。
もともと屋久島移住を決めたのは屋久島の森の苔たちだったのに、
移住して2年、一度も家族で森に入っていない。

イッチも一緒に2回目となる「苔会」に参加してきた。

今回のお目当ては上の写真のオオゴカヨウオウレン。

森にはいった瞬間からキーンとした空気に包まれ、
日常のできごとやいろいろな思考から一瞬で解放される。

入ってすぐ苔会会長のIさんのひとことで、橋の入口にある白い花を皆で囲む。
さっとマイルーペを出す参加者。あ、あやしすぎる。
ま、わたしもそのひとりなのですが。
なんてきれいな花なんだろう。深い苔の森にこの小さな花を見つけるたびに心が癒された。

d0146314_21261375.jpg
わたしはこの苔のだすちょんちょんとしたサクがすき。

屋久島の森には日本にある1600種の苔のうち、なんと600種も存在するらしい。

今まで苔は好きでも、まさかルーペ片手に苔図鑑を持って森に入ることになるとは。

大きな大きな屋久杉たちの下でこれだけの小さな植物たちが、頑張って生きている。
屋久島の森は苔に守られているんだなーと実感した。

d0146314_21375227.jpg
苔の中に小さな赤い実を発見する。なんだかうれしい。
深い緑の中にひとつ小さく赤い色が存在するなんて。きれいだ。

d0146314_2139853.jpg
雪解け水がしたたりキラキラするフォーリースギバゴケ。ひとつひとつが本当にきれい。

雪まじりの森、ひとつひとつルーペで観察したり、
会長から苔話を聞いたりして、ぜんぜん先に進まない。
手はかじかんで、足もとも冷たくなっていく。でもなんだか気持ちがいい。
静かな森をほんとうにゆっくり時間をかけて進む。

途中、大きな吊り橋の上にやっと太陽の光が。あったかい。
太陽のチカラはすごい。いっきにすべてが暖まるようだった。

イッチは泣き言もいわず、長い道のりを頑張って歩いた。
途中なんどかキケンそうな場所はパパが抱えて、最後だけ「おだっこ!!」と泣いたけど、
しっかり自分の足で歩けたね。すごいや。もうじきイッチも3歳だ。男の子だなー。

前回はイッチはママのお腹の中で家族3人の森だったけど、
今回は本当に家族での森のお散歩ができた。次は太鼓岩まで行こうか。


この苔会なる存在を教えてくれたYさん、Kくん、そして連れてってくれた会長Iさん。
どうもありがとう!!とってもとっても楽しく、充実した時間を過ごせたよ。


最後に今回のベストショッット↓
d0146314_21504997.jpg
[PR]
by niid-design | 2011-03-23 22:03 | 植物のこと

祈り

わたしの大好きな大好きなこの唄。
被災地の方たちに響いてほしい。

houちゃんの、心に響く唄。



「純粋」 song by hou

静かに 鳥が飛んできて
また静かに 飛んでいった

 なにも残さなくて どこかで 子供が笑った
 なにも残さなくて どこかの 川で 魚がはねた
 なにも残さなくて 永い 願いが かなった
 なにも残さなくて また 海が 満ちた

愛しい 過ぎ去った季節を彩った 
花達を なつかしむ
もういちど あなたと 出逢ったら
空色の スカートで 踊りたいな
すべてを つつむように

今夜も誰かが 雲になって 大空いっぱい 泳いで遊んでいるよ
森に還る その前に 名前を 星に預けた

はじめは 小さな種だった この景色に うまれてきた
 
 なにも残さなくて この街で ばったり出逢った
 なにも残さなくて そのひらめきは もう空の上
 なにも残さなくて 珊瑚礁は 月夜に たまごを飛ばす
 なにも残さなくて あなたよ 満ちて

愛しい 過ぎ去った季節を
彩った花達をなつかしむ
もういちど あなたと 出逢ったら
空色の スカートで 踊りたいな
すべてを つつむように
スカートのすそを広げて 見るものたちと まわる まわる

  カラダからわきあがる 思い そのまま
  抱きしめて 見上げる 空はひとつ
  空は ひとつ

(以下アルバムに収録のつづきの歌詞)

わたしを産んでくれた人を 産んだ人を
産んだ人を 産んだ人を 産んだ人を そのまた産んだ人も
きっと 見あげてた空の下で
100年たっても きみたちはそうしてたね

見上げる空は ひとつ ひとつ 
空は ひとつ ひとつ

 
[PR]
by niid-design | 2011-03-20 20:56

hope

被災された方たちに、心よりお見舞い申し上げます。

震災以来、なにもする気になれず、しばらく動きが止まりました。
悲しみは自分の中の悲しみにリンクし、沈んで浮かびあがれません。

地震のあった日は仕事の打ち合わせで島の南へ行っていて、
地元の友人から「津波に気をつけて。高いところへ!」というメールをもらっても、
三陸でなにがおこっていたのかも知らず、
集落に戻ったときにちょうど津波が到達するとのことで、皆が海を見ていました。

そして夜になってはじめて、あの惨状を映像で、目で見て、
なんて恐ろしいことが起こってしまったのだろうと、、、

何度も涙を流して、そしてなにもできない自分がはがゆく、ただ状況を見つめるばかり。

でもどんなにつらくても苦しくても、人は前を向いて生きていかなくてならない。
たくさんの人がそのつらさをかかえ、いつかまた立ち上がり希望をもって生きている。

大切な人を亡くすことは本当に本当に悲しい。
それが病気でも事故でも災害でも。
わたしは18歳のときに大切な人を失った。あまりにも突然の死。
自分にとってはじめての死がとってもとっても大切な人だった。
なにが起きたのか、なにが現実でなにが夢なのか。
夢の中で幸せなときを過ごし、夢から起きるといないという現実。
どちらが本当なのか。寝ることもつらく、起きているのもつらい。
学校へも行けず、ふらふらと彷徨い、目からはもう涙もでなかった。
こんなに悲しいなら、苦しいなら、これから逃げる方法はないのだろうかと考えていた。

そんなときにわたしを救ったのは友人であり、家族であり、大切な人の家族や友人。
みんな同じ、それ以上の悲しみを抱えて、
それでもわたしを励まし、いたわって、温かに包んでくれる。
みんなみんなそうやって前を向いて進んでいく。
決してその悲しみは消えるわけではなく、
15年たった今も、毎日のように思い出すし、時々深い悲しみにつつまれ、
どうしようもなくなって慟哭する。

カラダの中からその感情がでてきたら、
今は無理にとめようとせず大きな声をあげて泣き続ける。
涙は流したいだけ流した方がいい。

そんなときにわたしを救うひとつの手。イッチがわたしの頬に触れ、ママと呼ぶ。
ああ、わたしは母になったのだなと。
この小さな手にどれだけ救われたことだろう。

わたしをいつも驚きのポジティブさでガッ!と引っ張り上げてくれるいたるさん。
暗くてマイナスばかり考えてしまうわたしを、
ビックリするくらいさっと救い上げてくれるときがある。

d0146314_232833100.jpg
わたしのhope。

あれだけの悲しみの中にいたのに、今は希望とともに生きている。
悲しみを忘れたわけではない。
でもどんな状況でも、どんなひどい過酷な境遇でも、
それに向き合って乗り越え、その先にある希望にたどりついて欲しい。
今は思えなくても、必ずいつか見つけられる日が絶対に来るとわたしは信じている。

そこにいない自分が悲しんで前に進めないなんて、きっとそれは間違っている。

今日ネットで見たニュースで妻子を失っても、
それでも被災地の人を励ます張り紙をした若い男性の一言が心に響く。
「くるしいけど負けないで!」そこにいる人の言葉は強い!そう決して負けないで!!
小さな小さな希望からでいい。被災地の方がその一筋の光を見つけてくれたらと思う。

遠い屋久島という地からは祈ることしかできないけど、
みんなが希望をみつけられるようにと毎日祈る。
そして自分は自分の精一杯を生きていきたい。
[PR]
by niid-design | 2011-03-19 23:41 | おもうこと

しょうがとたんかん

去年、友人のお宅におじゃまさせてもらったとき、
友人が出してくれたしょうがチップ。

甘くてからーい!!そしておいしい!!(でもちょっと辛かった、、、)

なんでもしょうがシロップを作ったあとの生姜を干して砂糖をまぶして作るらしい。
その味が忘れられなくて、友人に教えてもらった“ほぼ日”のレシピでわたしも作ってみる。

ちょうど原の山河の売店で屋久島のしょうががたくさんはいって100円!!
3袋買って、皮をとって、細くスライス。それに種子島のきび砂糖をたっぷりと。

おもしろいほど水分がでてきた。どこからこんなに?と思うほど。
スパイスを自分好みに調整して、煮詰めてできあがり。

d0146314_1645126.jpg
こうゆうのをぎっしり並べるのって、すき。

でもあいにくと志戸子の天気はどんよりばかり。ちゃんと干せない。
半渇きで砂糖をまぶしたら、また水分がでてきてしまった。

早く晴れないかな。この前食べてみたけど、か、辛い、、、
どうやったらこの辛さはとれるのだろう、、、むーん。

すっかり忘れていたシロップを今日紅茶にいれて飲んでみたらおいしい!!
そして温まる。毎日寒い北の集落、、、これはいいかもしれません。

今日なんて麦生にいったら、ひなたぼっこできるほど温かだった。
あー、南はしあわせだー。

d0146314_16265563.jpg
たんかんピールも作ってみた。でも失敗作なり。

今年の屋久島のたんかんは不作らしい。
いつもならぷっくりきれいで丸いたんかんが山のように南の無人市にでていたのに、
今年はぜんぜん見かけない。帰ってきてボーっとしてる間に、もうたんかんがない!!

樹の実さんのところの自然栽培のたんかんが気になっていて、
聞きにいったときには、もうすでに時遅し、、、
あんなたわわに育っていたたんかんたちは全部収穫済み、、、

悲しんでいたら、店のまきさんがまだ樹に残っていた最後のたんかんを5つくれた。

わーい!うれしい!!しかもまんまるでおいしそう。

無農薬のたんかんなので、友人に聞いたレシピでかなりアバウトにたんかんピールを作ってみる。

アバウト過ぎたようだ、、、ぜんぜん苦味がとれてない、、、失敗。
しかも乾かないからフライパンで炒ったら焦げた、、、さらに苦味が!!
煮過ぎてもクタクタになってしまうし、あまり煮ないと苦味がとれない。

あゆみ先生のたんかんとレモンピールはおいしかったなー。
これはもっと勉強しなくては!!
[PR]
by niid-design | 2011-03-08 16:33 | おいしいもの

みんなで味噌つくり

昨日はくんせい屋のけいちゃんのおうちに集まって、みんなで味噌つくり。

味噌は前からずっと作ってみたかったけど、なかなか作れなかった。
こうやってみんなでやれば楽しいし、すこしも面倒じゃない。

わたしは急遽参加することになったので友人からためしに1kgだけわけてもらった。
うまく作れたら来年から1年分作りたいな。

d0146314_11443654.jpg
1晩水に浸した大豆を4つのコンロをフル稼働で焚いていく。

d0146314_11462756.jpg
6人分ということもあって大量の大豆たち。
炊き上がりの大豆の甘くておいしいこと!!
煮汁は下に落として、後で使うらしい。

味噌と漬け込むカメやビンたちも煮沸消毒して焼酎でふいて乾かす。

d0146314_1147266.jpg
豆を狙う子供たち。次から次へとやってきては豆を食べるふたり。

うちから持ってきた「あっというま劇場(だんご三兄妹もはいってる)」の音楽が、
妙に味噌つくりにマッチして軽快に作業が進んでいく。

d0146314_11505670.jpg
一回目の休憩、おまちかねのランチタイム!!
みんなお弁当を持ち寄って、つつきあいながら食べる。
けいちゃんが用意してくれたシカのレバーのくんせいとトビウオのクラッカーや
あゆみちゃんがとれたてのサヤエンドウを使ったパンを焼いてきてくれた。

めっちゃおいしー!!幸せね。こうやってみんなで食べるご飯ておいし。

なっちゃんが作ってくれた汁がおいしくて、どうやって作るの?と聞いたら、
ただトビウオで出しとって塩、コショウだけだよという。
トビウオだけであんな複雑においしい出汁がとれるなんて驚き!いいこと知ったな。
あと。いなほちゃんの作った煮たまごもめちゃうまで、いろいろ勉強になった。

d0146314_11564175.jpg
ゆっくり休憩したあとは、またひたすら大豆をミンチに。
けいちゃんの持ってるミンチ機でぐるぐる、ぐるぐる。みんなで交代しながら。

その間に麦麹と塩まぜまぜ隊にイッチとコウヘイも加わってまぜまぜ。

d0146314_11585651.jpg
つぶした大豆に麹と塩とゆで汁を足して、また混ぜる。
これ、泥遊びのようで楽しい!!けっこう力がいるから腕が筋肉痛になりそうだ。

思い出したように昔つくった泥だんごの話や、同じ地元の子と有名なお菓子の話で和む。
同じ郷里の子がいると、おいしいものが通じるのでなんだか嬉しい。

d0146314_123930.jpg
最後は味噌ボールをつくって、カメに投げつけていく。
みんな日ごろのうっぷんをボールにこめてエイ!!と投げつける。
ひとり豪快になげたあゆみちゃんの味噌ボール、なっちゃんの顔に味噌が飛び散る(笑)
いったいなにがあったのか、、、あゆみちゃん(笑)
わたしとさゆちゃんはお試しでカメもなく、保存ビンで挑戦。

入り口が狭くって、なかなかうまく味噌をつめれない。
しかも透明だから空気の穴が見えて気になる、、、
さてさて、保存ビンでの味噌つくり、うまくできるかな。

最後に塩で味噌に蓋をしてカビ防止。重石をのせて完成!!

梅雨前と後でまぜまぜして、夏の終わり頃に食べられるらしい。楽しみだ。

最後にはけいちゃんの粋なはからいで、シュークリームのデリバリーが!!
みんなで珈琲とおいしいシュークリームで団欒。

みんなは完成を祝って、そのまま飲んかた(呑み会)突入。
わたしは日ごろの寝不足もあったので、先に帰ることになったけど、
また飲み会も誘ってねー。もちろん旦那さん抜きの嫁会で。

あ、次回は島1周、海や山で野点の旅でも企画しよっか!!楽しみ、楽しみ。
[PR]
by niid-design | 2011-03-07 12:16 | おいしいもの

大きな森~自然の中で育てる~

自分に子供が産まれたら、自然の中で大きく育てたい。
シュタイナーの本も読んで、マクロビオティックなお菓子を作ったり、
穏やかでやさしい子に、、、なんて思っていた。

けど、現実は家を脱走するほど元気なイッチにゲンコツもするし、
近所のおっちゃんには毎日のようにチョコやクッキーをもらう現実(笑)

でも元気が一番!元気に自然のなかでのびのび育ってくれればいい。

屋久島には自然の中で育てるような保育園があるような感じでいた。
森の幼稚園のような。そんなのがあったらいいなと思っていたところ、
ヨガで知り合ったMちゃんが同じような想いを持っていて、
少しずつでいいからと動き始めた。

自然の中で育てる自主保育~大きな森(仮)~と題して、この前第1回の集まりをした。

この日ははじめてということで、Mちゃん手作りのマクロビのガトーショコラをおやつに、
どんなことをしていきたいかやMちゃんが実践した「おむつなし育児」のおはなし。

d0146314_18385966.jpg
ガトーショコラに豆腐のクリームとイチゴ。
マクロビ独特のはじめは甘みが足りないかなとおもっていたら、
かみ締めるほどやさしい甘みがしっかりとでてくる。

「おいしい!!」

これはおいしい。またレシピをしっかり聞いてこよう。


おもつなし育児の話もおもしろかった。イッチは布おむつを使っていたけど、
基本寝るときやお出掛けのときは紙おむつを使って、
1歳の夏にはすっぽんぽん、秋に突入して中断し、
また2歳の夏にすっぽんぽんのおむつなしにしたら、あっと言う間に取れた。

おむつなしだと自分もよくコドモを見るし、コドモの出すサインを敏感に感じ取れる。

ただ布おむつのときもそうだけど、頑張りすぎても大変だし、
コドモも無理じいするとイヤになってしまうからほどほどに。

なんでも無理はしないこと。


今後は自然の中で一緒にコドモたちを遊ばせたり、マクロなお菓子を作ったり、
これからどんどん発展して、いつかは森の幼稚園ができたらいいな。
Mちゃん、頑張ってね!!わたしも“大きな森”で絵を描いたりできたらと思っています。

興味のある方はご連絡くださいね。0歳~未就学のお子さんとお母さん対象です。
[PR]
by niid-design | 2011-03-05 18:56 | イッチのはなし

もうすでにひとつの旅

屋久島に帰って以来、ずっと雨の日が続いている。
雨というか、どーんと曇りで、突然のザーザーっと降る屋久島の雨。

水が大好きなわたしでも雨だけはきらいだったりする。
ぬれるとすぐに風邪を引くから。
昔から傘もきらいで、カサを持たないわたしはよく熱を出していた。

屋久島のこの時季降る雨を「木の芽ながし」という。

すてきな言葉。なんだか雨もすきになれそう。

雨はきらいだけど、雨が降ったあとの土のにおいや、
森の緑たちのいきいきとしてる姿をみると幸せ。

でも、でも、やっぱり晴れだとうれしい!!先月25日、2週間ぶりに快晴!!
思わずいたるさんとイッチと車に乗り込んで出発進行!!

志戸子から永田方面へ。ときどき車をとめてはいたるさんが風景撮影。

西部林道ではおさるさんたちの群れが道の真ん中の日向でみんなでのみとり。
車をそっと降りて、いたるさんは気配を消してカメラを構える。イッチは車で熟睡中。
わたしも車を降り、さるたちと同じように少し離れたところでひなたぼっこを楽しんでいると、
3匹のさるがゆっくり近づいてきて1mもないところでゴロンと寝転んだ。
なんて微笑ましい、、、遠くにはちっちゃいのもいた。

d0146314_20413250.jpg
森が大好きなイッチ。

前なら少し歩くとすぐ抱っこと言っていたのに、スタスタと自分で進んでいく。
登りがきつくても、急な岩場でも、ちゃんと自分で考えて乗り越えていく。

あー、もうこんなに成長してるんだね、、、すごいな、イッチ。

途中、いたるさんがシカのふんを指して一言。

いたる「チョコボール!」    ママ「、、、」    イッチ「チョコボール!!!!」

ママ「ダメぇぇぇー!!!さわらないで!!!」

以前猫のかりかりのフンをもって笑顔で「かりんとう!」といったイチロ。
信じちゃうからやめてよね、パパ!

その後、大川の滝の下の浜辺でゆっくりゆっくり過ごす。
ここは山と空に囲まれた素敵な浜だ。寝転がって空を見上げるとほんと包まれてる。
波の音が心地よい。目をつぶって、波の音に揺られているとイッチがいない!
すごーく遠くの大きな岩を登っていた、、、危ない、危ない、、、

d0146314_20521482.jpg
いろんな岩をスタスタ登るイッチ。腕の力が強く、ぐいっと登っていく。
ロッククライマーになれるんじゃないの??ってくらい(笑)よし、世界を目指すか!!

その後、栗生のタイドプールでサンゴ拾いとひたすらウニの殻探し。5つゲット。やった!
しかもここのウニ殻はすごくきれい。
イッチはアメフラシは触れるのに、ウニの殻は怖いらしい、、、その基準はなんだろう。

d0146314_20561177.jpg
屋久島を1周する間、右を見れば海、左には山と晴れているとほんとうに気持ちがいい。
いつか自転車で1周してみたい。だめか、体力も根性もないから。

途中、夕日に染まる美しいモッチョム岳を見て、新婚旅行で見た同じ景色を思い出す。
あー、おんなじだ。ほんときれいだ。

島すべてがほんとうに美しい島だとあらためて思う。
島1周にでるのはなかなかなく、住んで居ながらもうすでにひとつの旅のよう。
今度はイッチを連れて、あの白谷を歩こうか。今度はお腹の中ではなく、3人一緒に、あの苔の森へ。
[PR]
by niid-design | 2011-03-02 21:10 | 屋久島のこと