<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バースディ

今日は朝から頭痛とノドの痛み、、、
いたるさんの風邪がうつったのか、、、最近朝晩が寒いからか、、、

イッチはいつもにまして脱走を繰り返し、家に鍵をすると、今度は家の中を暴れまわっている。

ちょっと憂鬱、、、たまになんか気分が落ちてイライラとしてしまうときがある。
イッチはほっておいて昼寝をした。起きてみると荷物が届いている。

あれ?なんか届く予定あったかな?と見てみると、、、やーちーとユウキさんからだ!!

d0146314_18201270.jpg
もう箱をあける前からなんだか涙が、、、
この二人、わたしの気分が読めるのかな?ってなくらいのタイミングで素敵な箱が届いた。

中をあけるといろいろなものが入っていた。
お菓子や紅茶、ブーツに本に雑貨まで。わたしの好みをよく知っている(笑)
ありがとう。本当に本当にありがとう。うれしいよー。
なかでもキュんときたうさぎの定規、、、向きをかえるとうさぎが動く、、、か、かわいぃ、、、やばい。
わたしはうさぎと猫と鳥のものにほんとに弱い。ツボをついてくるなー。

でもなによりもその気持ちと心のこもった手紙がうれしかった。

遠い友人から内緒で届くプレゼント。ほんとうにうれしいものです。

d0146314_18254124.jpgd0146314_18255941.jpg
今年は島の友人からもプレゼントを頂きました。
鳥、、、ふたりともちゃんとわたしの好きなものを知ってるね、、、ありがとう。
大切にするね。なんだか面とむかってちゃんとお礼がいいたかったのに、
顔をみるとはずかしくって言えなかったの。ふたりともありがとね。

いくつになっても誕生日はなんだかうれしいものです。
たくさんの友人からメールをもらったり、、、

だけども、うちのパパは相変わらず19日だよね!とかキラキラした顔で言ってきた。
2日も違うんですけど、、、(怒)毎年間違えるパパ。なぜに19日、、、21日なんですけど。

毎年連休にはさまれているわたしの誕生日はいつもバタバタと終わってしまう。
今年も忙しいうえ、いたるさんは風邪をひいたようでぐったり。
そんなぐったりなのにママのために大好きなミラノ風チーズカツレツとパスタを作ってくれた。
写真におさめたかったのに、見た目がよくないと言って撮影拒否!!でもおいしかったよ。

屋久島で向かえる2度目の誕生日はなんだかうれしい誕生日になりました。
[PR]
by niid-design | 2010-09-26 18:35 | いろいろなはなし

まんまるオハギ

d0146314_17574113.jpg
大きな大きなオハギだったから半分に切って頂く。

おいしい、、、これ、すっごくおいしい!もう半分もペロリ。

このオハギは志戸子の敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんに配るもの。
15日の敬老会。昼からは志戸子中のおじぃ、おばぁが集まって、
踊りや歌をみて、豪華お弁当やお酒をふるまう。

わたしたち奥様方は朝から集合していろいろな準備。
わたしは小さな子供がいるから朝8時からオハギ作りに参加だけど、
他のおばさまたちはもっともっと朝早くから餡を2時間以上練っていた。

公民館へ行くとありえない大きさのおはぎを握っている、、、
こんな大きいの??うちで見るオハギの2倍は確実にある。

あつあつのもち米をどんどん握って、全部で300個以上はにぎっただろうか、、、
その上にできたての餡をもうこれでもか!ってなくらいたっぷりかけて出来上がり。

d0146314_1834311.jpg
タッパにつめた特大おはぎ(じぃ、ばぁにあげるのはもうひとまわり大きいもの!)

地元で大好きだった法多山のおだんごの味。わたしはめちゃめちゃ好きな餡。
でも毎年食べている集落の人はもうひとつはきな粉がいいと言っていた(笑)

婦人会、、、忙しいけど、こうゆう昔ながらの味や伝統など教えてもらえるのはうれしい。

昼からはさらに「はんや節」も踊って、じぃに上手だなーとほめられた。
踊りもちゃんと覚えたいな。

イチロは朝からずっと公園でかけまわり、ハイテンションモード。
片付けは皆さまにおまかせしてしまい、あー、オハギ食べたかったなーと思っていたら、
婦人会の会長さんがお疲れ様ーとオハギを持ってきてくれた!
やったー!と本当にうれしかった。

そしたら今度は詰め折りまで持ってきてくれ、最後にはあまったソウメンと次々皆から頂く。
もちろん夜はもらいものだけで豪華な晩ご飯でした。
とっても、とってもありがたいことですね。皆さま、お疲れ様でした。
[PR]
by niid-design | 2010-09-15 17:56 | おいしいもの

イルカに乗った少年

d0146314_9502086.jpg
イルカに乗った少年、、、、ならぬ、ママに乗ったイチロ。

正直泳ぎは大の苦手。
小学校のときに短期でスイミングスクールに通ったけど、
あんまり上達した記憶はない。

平泳ぎはまぁまぁ泳げるけど、クロールにいたっては息継ぎができていない。
なぜできないかはなんとなくわかっていて、きっとバタ足ができないからではないだろうか。
バタバタしても水しぶきがたたないし、、、

だから、いまだに浮き輪とか浮くものがないとちょっと怖い、、、

でも屋久島に来て、夏の間毎日海でイチロと遊んでいるうちに、なんだか泳ぎが上達してる!?

d0146314_9585175.jpg
ちょっと泳げるようになったので、体験ダイビングをする海へ行ってみることにした。
しかも久しぶりにフィンをつけて泳いだら、さらにスイスイ。
フィンってやっぱりすごいんだなぁ。毎日クロックスで泳いでいたからぜんぜん違って楽しい!!

遠浅のきれいなわたしの大好きな海。わたしの好きな干潮時を狙って泳ぎに行く。
海が浅いと魚たちと戯れることができるのだ。

昨日わたしのすきなオヤビッチャの群れが浅場の光の中きらきらと泳いでいた。
すごくきれいで、なんともいえないひととき。

今日は夕方パパも帰ってきたから海に誘い、はじめて3人で一緒に海で遊ぶことができた。
イッチはパパにまかせ、久しぶりに一人で泳いでみる。
オヤビッチャの300匹くらいの群れの中をひとりで泳ぐ。気持ちいぃーーー。

でもイッチはママが離れると「ママ、ママ」とわたしに向かって頑張って足をバタつかせ泳いでくる。

そしてわたしの上にのり、楽チンをしようとするのだ。
イッチはイルカに乗った少年みたい。めちゃくちゃ楽しそう。
いつもはわたしは海につかっていてイチロの様子がわからなかったけど、
パパが写真を撮っていて、後でみてみると、ものすごく楽しそうだった。

でもママは正直大変、、、沈みかけで泳がないといけないから。
でもイッチが楽しいならいっか。

d0146314_10223025.jpg
海が大好きなイッチ。今は海をぷかぷか、バシャバシャ。
早く海の中を見せてあげたいなー。こんなきれいな世界がひろがっていることを。

イッチもだいぶ泳ぎが上手になってきたみたい。
いつになったら一緒に潜れる日が来るんだろうな。意外とあっという間にきたりして(笑)
[PR]
by niid-design | 2010-09-13 10:38 | 海のはなし

Rocket!



いたるさんの友人N氏(ロケット関係)に今回のロケットは大きいと聞き、
あまり乗り気でなかったいたるさんも、8時前にバタバタ用意をし、皆でお出掛け。

小さなイチロはともかく、わたしたちもはじめて見るロケットの打ち上げ。

屋久島からだと元気玉が上にあがっていくみたい。

いろんな悩みなどふっとぶほどの元気をもらった。

N氏の話していたとおり、軌道がカーブを描いて、最後は星のひとつとなって消えていった。

見終わった後、真っ暗になった港の空を見上げるとくっきりと天の川が。

なんて星の数。寝れない夜によく星や宇宙のことを考えることがある。

この無数の星のひとつに住んでいる神秘。やっぱりすごい!

さて、まだまだ頑張りますか。みんなに元気玉をポイっ!!!


こっちはいたるさんのロケット写真→屋久島ダイビング日記
[PR]
by niid-design | 2010-09-12 00:04 | その他

ここはどこ?

d0146314_10545265.jpg
さて、ここはどこでしょうか、、、

いよいよ疲れもピークに。そしていたるさんとのケンカも増えてますよ、、、
イッチは毎日30回以上家から逃亡。
ゲストの送迎で海へ行けば、車から降りると海へまっしぐら。
いっこうに帰ってこないうえ、服のまま海でジャバジャバ。

はい。疲れました、、、ほんと。

というわけで、久しぶりに半日お休みがとれたので、
いたるさんと安房の「きらんくや」にお蕎麦を食べに行ってきました。
イッチもいたのでお座敷に。
木のいい香りのお座敷でクーラーの中、いたるさんはすぐにゴロン。

クーラー、やっぱり気持ちいいですね。

お蕎麦を食べて、友人のうちで子猫を見せてもらい、
そしてその帰り道、いたるさんが前からわたしたちを連れて行きたかった場所へ。

d0146314_112499.jpg
あ、ここの道まがってと言われ進んでいく。えっと獣道ですけど、進むんですか?

そんな細道をガタンゴトンと進んでいく。ちょっとした広場にでて車を置いて、
山道を歩いて下っていくと、どこからともなくゴーっとすごい音。
「ひこうーき!!」と三人で上を見上げる。
すぐ真上を見たことないくらい近くを飛行機がよぎる。
3人とも大興奮!!わー。すごーい。

そして森を抜けると目の間に広がる赤茶の岩壁。

「ここはどこ?」

屋久島にこんな場所があるなんて!すごく不思議な場所だった。
岩場は一歩間違えれば海へ落下の絶壁。
前日に落ちる夢を見たわたしはなんだか怖くってなかなか下へ降りられない。
いたるさんはイッチを担いでヒョイヒョイっと行ってしまう。

岩場の上で気持ち良いほどの景色を眺め、久しぶりの休日を楽しんだ。
目の前は種子島がなんの障害もなく見渡せる。
今日のロケット発射、ここから見たらすごいだろうな。
でも夜は絶対行けない場所ですね。

すごい場所だけど、もしかしたら二度と来なかったりして(笑)
[PR]
by niid-design | 2010-09-11 11:17 | 屋久島のこと