<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

真夏の事件、、、

お盆も終わり、朝夕はなんとなく秋っぽくなってきた今日このごろ。
お盆はさすがに仕事が忙しく、わたしもお客様の送迎などを手伝っていた。

d0146314_37747.jpg
地元の盆踊りで楽しく踊るわたしとイチロとハッシーとヨッシーとおじちゃん



そして一昨日からは「moguring」で知り合ったかおるさんがご一家で屋久島へ来てくれました。
かおるさんはとっても気さくで、おもしろく、3人のお子さんを育てるベテラン母ちゃん。
いつもいろいろ為になるアドバイスを頂けます。

今回、わたしの知り合いでは1番乗りでダイビングにかけつけてくれました!!
16日は北部で、17日は地形のダイナミックな西部へ。
ダイビング三昧のはずだった、、、、ほんと、すみません。

事件は昨日のお昼に起きました、、、、、
ダイビングの間、かおるさんのお子さんとイチロと遊んで過ごしていました。
昨日もお弁当を届けながら一緒にランチタイムを過ごす予定で永田へ向かったのです。
今回は1ボートの後、船の出港まで2時間も空いていたので、横河渓谷へ行くことに。
今日は流れも弱く、水もきれいで、みんな川へドボン!!
かおるさん一家とゲストのMさんと高久一家8人でピクニック気分で楽しんでいました。
わたしはなかなか水に入る機会がないので、ちょっと浮かれていたのかもしれない、、、

ええ、事件は起きました、、、、、
小さな子供たちがウォータースライダーを楽しんでるのを見て、
いたるさんが「テル(わたし)もやれば??」と。そう、それが悪魔の一言だったのでしょうか、、、
意気揚々と岩場を歩いていくとイチロが追っかけてきました。
しょうがないのでイチロを抱っこして、「よし!イチロを滑らそう!!」なんて思ったのが間違い。

イチロを抱っこして1歩踏み出した時、ツルっっっっ!!ゴンっっっっ!!!!!!
ありえない音が響いて、目の前が一瞬フラッシュのように真っ白に。
でもなぜかしっかりとイチロが見え、とっさにイチロをギュっとしたのは覚えていて、
わたしが倒れ、イチロがゆっくり倒れたのが見えたのです。
あまりの衝撃で気を失いそうになったけどイチロが目に入って一瞬で現実に戻りました。
イチロが泣いている。わたしの手には血がべっとり!!!

「イチロ、怪我してない?!!!!」焦っていたるさんに聞く。

「あ、あれ、、、わたしだ、、、、」
頭に手をやるとまたべっとり血が、、、、

すぐにタオルを巻いて携帯で救急へ。
かおるさんがイチロを見ててくれて、近くにいたおねえさんがタオルや頭をしばるゴムを持ってきたり、
氷をくれたりとみんなで助けてくれました。そのお姉さんが大泣きしているイチロに
「お母さんが守ってくれたから大丈夫。お母さん強いね!!」と言ってくれていたのを覚えてます。
意識はしっかりしてるから大丈夫だろうと思いつつ、頭の中ではぐるぐる不吉なことばかり考えてしまう。

たまたま近くに診療所があり、そこですぐ簡易手術で頭に麻酔をして4針縫うことに。
わたしは骨折も縫ったこともない、、、こんな大きな事故ははじめてに近い、、、、、、
4年前に「2009年に大きな事故をするから気をつけて、、、」と言われて、
2009年なんてまだ先だし、ま、大丈夫!なんて思っていたけど、まさかこれのこと??
なんて痛みをこらえながら、ずっと考えていました。

なんとか無事縫合も終わり、かおるさんが急遽ダイビングをやめ、残っていてくれました。
わざわざダイビングのために来てくれたのに、本当にすみません、、、、、
かおるさんのお子さんたちもあんま遊べなくってごめんね。
行きにいなか浜で貝殻拾いができたのがせめてもの救い、、、
16日夜に潮騒でおいしいものが楽しく食べれたのがせめてもの救い、、、
本当に本当にすみません、、、、、いたるさん、心配かけてごめんなさい、、、、、、

縫ってもまだ血が出ていたから圧迫のため変なネットを頭にかぶせられてちょっとブルー、、、
いたるさんにはさんざんからかわれるし、、、、、
イチロは縫ったとこ目掛けてドーンってぶつかってくるし、、、(超痛かった、、、)

傷をよけて寝ているので、首のすじがおかしくなってしまい起きてしまったから、
今日の事件をまとめてみました、、、、、今のところ大丈夫そうなので、本当によかった。
というかイチロじゃなくって、本当に本当によかったです。


追伸:今日午前中徳州会病院へ行き、CTを撮ってきました。脳も頭蓋骨も大丈夫でした。
まだ血液が溜まって脳を圧迫する可能性があるので、2、3日は安静です。
でもイチロがいるから少しも安静できません、、、、、
[PR]
by niid-design | 2009-08-18 04:19 | その他

じぃじとばぁば

8月2日に豊川のじぃじとばぁばが屋久島に遊びに来た。
2日はちょうど宮之浦でお祭りがあり、昼はいたるさんがドラゴンボートの大会でイチロと応援に行く。

途中宮之浦港まで両親を迎えに行き、わたしたちだけ温泉へ。
ボートは全体では3位だったけど、慣れない筋肉を使ってお疲れ気味のいたるさん。
でも「潮騒」でおいしいご飯をたくさん食べて元気になる(もちろん両親にごちそうになった(笑))。

夜はお祭りの会場へ行き、その後川へ移動して花火をみんなで鑑賞。
父と母は花火を見るのは久しぶりみたいで、ちょっと楽しそうだった。

うちへ行くといつもの蒸し暑さが、、、それにねずみたちが最近活動的で、、、
両親が寝れるか心配だったけど、朝ちゅーすけに起こされるまではぐっすりだったようだ。
冷蔵庫の上に置いてあった母がもってきたおいしいさつまいもが朝には床に落ちていた。
ドサッとした音はこれか!!ちゅーすけめ!!

次の日、うちの草ボーボーの庭を見て、いきなり草取りをはじめた母。
そのまま2時間も草をとり続け、ジャングルだった庭が草ひとつない、、、すごいね、母。
取った草はゴミ袋5コにもなった。ほんと、すんません、、、、ありがとう。

昼からはうちからちょうど反対の尾の間のホテルまで観光しながら両親と車で移動。
まずは永田のいなか浜へ。どうしても来たかった母は、きれいな海を見て感動!!
山から暗雲がたちこめてきて、急いで浜まで行ったかいがあった。
ものすごくきれいなブルー!!最近ではいちばんきれいだった。

d0146314_14154061.jpg
イチロと一緒で楽しそうな母

d0146314_14162790.jpg
イチロも青い海とみんながいて楽しそう

大川の滝も見て、JRホテル屋久島に到着。
お部屋へ入ると見渡すかぎりの海、海、海。すてきなお部屋だった。
昨日が暑い我が家だっただけに、めっちゃ快適できれいで本当にいい部屋だった。
わたしは日帰り温泉と夕食を急遽追加して、夜まで楽しんでから帰宅。
ここの温泉は屋久島いち良いと言われてるけど、本当に気持ちがよかった。

最終日はせっかく屋久島へきたのだからとヤクスギランドに行った。
けっこう山道を車ではしって登っていく。途中、道が細くてこわかった。
前に番組で車椅子の人が行ってるのを見たので、
べビーカーでも大丈夫かな?なんて思っていたら、ぜんぜん無理だった。
結局イチロを背負って30分コースをまわる。
30分と言っても階段を登ったり降りたり、、、し、しんどい、、、、
タンク背負って山登りみたいなもの、、、イチロ、重すぎるよ、、、、

d0146314_14243581.jpg
屋久島を堪能できたかな、、、

そしてたった3日間はあっという間に終わり、船でお別れ、、、
入り口でバイバイしようとしたら、イチロがバイバイをしない。なんか悲しそう。
いなくなるのがわかるのかな。なんかちょっとさみしくなった。
夏休みなので200名以上は船に乗り込む。
窓際の席だと言っていたから、もしかしたらと思い、桟橋まで行ってみるとちょうど父と母が見えた。
むこうも気が付いて、イチロを窓越しに近づけると「バイバイ」って手をふった。
それを見て、母が泣いている。船が出港するまでイチロはバイバイを繰り返した。
わたしもなんか泣けてきて、あらためて屋久島は遠いなーと感じた。

じぃじ、ばぁば、次は冬にそっちに帰ろうと思ってるからね。待っててね!!
[PR]
by niid-design | 2009-08-05 14:36 | いろいろなはなし