<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おっちゃんの趣味工房

おっちゃんにチラシを作ってくれんか?と頼まれた。
わたしもおっちゃんの作るモノの大ファンだから、もっと観光客に広めたい!!
前々からそう思っていたからなにかあるといいのにと思いつつ、
マックが壊れたからなんか言い出せないでいた。

でも頼まれたからどうにか作らなくては、、、
さっそく写真を撮りに行って見る。やっぱかわいい!!
しかもキーホルダーたちもさることながら、サンゴ盆栽がすごくいい!!!
外にあるゆるーい看板に「サンゴ盆栽、クワズイモ、、、」と書いてあるのは知っていたけど、
どこにそんなのがあるかと思っていたら、庭にひっそりとたくさんあった。

d0146314_17401431.jpgd0146314_1740256.jpg

わたしは苔が大好きだから、名古屋でもよく植物屋さんへ行ったし、
働いていたデザイン事務所の社長が盆栽好きで、彼のつくる小さな盆栽にも心惹かれていた。

屋久島にはおしゃれなお店がないし、こういった感じのやつはなかなかない、、、
そう、屋久島は植物の島だから、わざわざ作る人もいないだろう、、、
だから道にあるクワズイモを見て、和んですごしたりしていた。

それがこんなところにあるなんて!!しかもおっちゃんのとこに!!
いやー、おっちゃん、センスあるなー。わたしの心を鷲づかみですよ。

そんなこんなでイラストレーターもフォトショップもないから、
写真をプリントしてチョキチョキ、ぺたぺた、筆をだして習字でさらさらっと文字を書く。
それをスキャンで取り込んで、エレメントで加工してなんとかできた!!

ダイビングするお客さんもそうでない人も屋久島へ来たら、ぜひ覗いてみてくださいね。
↓こんな感じです。素朴なおっちゃんがやってます(声はやたら大きいけど(笑))

d0146314_17123462.jpg

[PR]
by niid-design | 2009-07-31 17:49 | 雑貨のこと

皆既日食の神秘

連日の快晴からは想像もつかないほどの雲に覆われた屋久島。
今日は皆既日食だ。

屋久島には連日日食に向けて旅人が集まってくる。
異国のような日常だった。
かわった女の子と一湊海水浴場で知り合う。みんちゃん。
600円しかなかったわたしに拾った100円をくれて、700円のキーマカレーを食べた。
その後握手をして別れる。また会えるかな。

ヒッチハイクをする外国人をよく見かけた。
乗せてあげたかったけど、3人だ。イチロがいると2人しか乗らないんだ。

そんな感じでだんだん日食に向けてわたしも心が高ぶる。

ところが朝、雨の音で目が覚めた。
わーすごい雲、雲、雲、、、、、

部分日食がはじまって庭にでてみると3回ほどだけ太陽がちらりと見えた。
なんとなく上が欠けてるような、、、

皆既日食20分前に堤防まで3人で向った。
外は大雨。嵐のような風と雨、、、な、なんで、、、、
志戸子の集落を見渡すと向こうの山に雨のスジが見える。きれいだな。
なんか不思議な光景だった。

d0146314_1285934.jpg
志戸子の集落が見渡せる堤防

雨はやんだものの重い暗い雲がどんどんせまってきて、
これは皆既日食がはじまって暗いのか、ただ雨雲でくらいのかわからない、、、

なんて思ってたら、あきらかに薄暗くなり、あたりは不思議な空間に一瞬にして変わった。

d0146314_1313498.jpg
辺りは薄暗い闇に包まれる

本当にあっという間だった。あたりはザワついて、海のほうを見ると遠くが薄赤い夕焼けのよう。
たぶん5分もたたないうちに明るくなってきた。

d0146314_134149.jpg
イチロはその不思議な空気を感じていただろうか、、、

結局一度も太陽は見ることなく皆既日食は終わってしまった。
でもあのザワザワ感は一生感じることないなんともいえない神秘的な時間だった。
そして3人一緒にその時間を過ごせたことがなんだか幸せ。

皆既日食が終わり、歩いて家まで戻るとさっきの嵐はどこへやら。
風はおさまり、雲も薄くなっていく。

屋久島では永田と平内で見れたと聞いた。そう聞くとちょっとくやしい気もしたけど、でも十分だね。

次は26年後に東北で見られるらしい。
26年後といったら、イチロはいたるさんと同じ27歳。
イチロ、今度はパパとママを連れて行ってね。
[PR]
by niid-design | 2009-07-23 01:45 | おもうこと

ものづくりの楽しさ

くんせい屋のけいちゃんのお店がオープンしたので、
なにかできることはないかと考えTシャツと旗とつくることにした。

学生のころは美術科の版画研究室だったのでシルクスクリーン使いたい放題!
よく夜中にせっせと作品を作っては友人の雑貨屋さんで販売をしていた。

今は版をつくる感光器も材料もないので、昔にもどってステンシルでやることにした。

d0146314_084181.jpg
切り絵のようにつなげたデザインにしないといけないから難しい

d0146314_0103794.jpg
くんせいTシャツ完成!!

ついでにイチロにも作った。表に「くんせい」とはいったかっこいいタンクトップだ。
イチロがこれまたくんせいシャツが超似合う!!

なぜかいたるさんが「おれもそれ欲しい!!」と言って、急遽もう1枚作成。
そしてなぜかいたく気に入ったみたいで2日おきに着用。



そして最近仲の良い近所のおっちゃんが志戸子で趣味工房と題して
屋久杉のキーホルダーやサンゴ盆栽、一輪挿しなどなど作って売っている。
志戸子のガジュマル園に来るお客さんがときどき寄ってくれるけど、
どこかに卸すわけでもなくぜんぜん商売っ化がない、、、、、

この前おっちゃんに飲み会に誘われ、作ってるものを見せてもらったらなんとも言えずかわいいのだ。
「かわいい~」とほめていたらわたしとイチロに1つずつプレゼントしてくれた!!
わたしは太鼓をイメージした丸のやつでイチロはクリオネ。

そんなこんなでいろんな話しをしていて、
屋久島では組紐が高いしなかなか手に入らないということだった。
で、作ってくれないか?って頼まれた。
おっちゃんにはいろいろ他にももらってるし、よし頑張るか!!

d0146314_0202986.jpg
キーホルダーにつける組紐をせっせと編む

始めはちょっと大変かな~と思っていたけど、めっちゃ楽しくなってきた!!
なにげに淡々とした作業が好きなわたし。
音楽を聴きながらせっせと編むこと50本。いや~、もっと編みたいな。

d0146314_0223838.jpg
ゆ、ゆるい、、、ゆるすぎるおっちゃんのキーホルダー

ちょっともらったやつにつけてみる。やーん、かわいい!!!すてき!!!(自画自賛、、、)
なぜに屋久島でクリオネなのか不明だけど、このゆるキャラがすごくいいんです。
わたしの太鼓の丸もなんともいえない形でかわいい。
ニスが塗ってないほうはちゃんと屋久杉の香りがします。
他にも四角や三岳(屋久島で有名な焼酎)の形やねずみとかもいる。

とにかくぜんぶゆるいです、、、最高です、、、、、
観光センターにおいてあるやつよりも素朴でかわいいので、観光客の方にもっと知ってもらいたいな。

そんなこんなで毎日が忙しすぎる、、、そして暑い、、、クーラーほじぃぃ、、、、、
こんなことやる前に青色申告の勉強しなくては、、、、、

でもものづくりってなんでこんなに楽しんだろう。わたしも何かはじめよう!!
[PR]
by niid-design | 2009-07-16 00:35 | アートのこと

島1周

屋久島を1周するのに車で約3時間ほどかかる。けっこう大きな島だ。
だからか南部の人は北部へ年1回ほどしか来ないと言っていたし、
わたしたちもなかなか南部へは行かない。

ただわたしは南部がけっこう好きだからちょくちょく足を伸ばしたりもする。
なんといっても温泉好きなわたしは南部にある「尾之間温泉」が大好き!!
昔からの大衆浴場で玉石の間からこんこんと湧きあがるあつーい源泉のおふろ。
熱すぎてなかなか入れないのだけど、だんだん慣れてくる。
ここの温泉で不思議なのは浴槽のまわりを人が囲んで体をあらったり髪を洗ったりしている。
はじめて入口からこの光景を見たときはなにか時代が遡った感覚だった。
今ではわたしも普通にその輪にはいっているんだけど。

あと南部には陶工房が多い。前から行きたいと思っていたところがあったので行ってきた。

今回はいたるさんが南部の海の調査をするので一緒についていき、
潜っている間はイチロとドライブしながら南部を散策しようということになった。
せっかくだから島を1周しようと、志戸子から右周りに出発!!

あまりに天気が良かったのではじめに横河渓谷へ寄っていく。

d0146314_8181615.jpg
河の流れる音が心地よい

連日の雨の影響か少し水が多く緑っぽくなってたけどきれーい!!
横河渓谷は大きな岩盤を水が流れ、大きくて青く澄んだキレイな水で思わず飛び込みたくなる。
河の音と風の音と鳥の声と、木陰の大きな岩に座って耳を清ます。
すごく落ち着く。空を見上げ、雲の流れを眺める。なんて気持ちがいいんだ。
都会にいる人たちはこんな時間があるのだろうか、、、とふと思ったりもした。
わたしも寝ずに働いていたときを思い出し、なんかちょっとせつなくなった。

ここは島に来たら必ず訪れて欲しい場所だ。
でもあまり人のいない時間に訪れて、ゆっくり寝転がったり、足をつけたり、泳いだりして過ごすのがいい。
コーヒーなんて飲んだら最高だろうなー。

なんて考えてたらシャワークライミングの人たちが来た。
わー!!めっちゃやりたい!!気持ち良さそうだ。天然の滑り台やりたいな。

イチロは河に入りたくてどんどん岩を自分で降りていってしまう。
今日は水が多くて流れが速いのでさすがに落ちたらやばい。必死につかまえる。
みんなで足だけ浸かって気持ちの良い時間を過ごした。

思いのほか寄り道に時間を使ってしまった、、、、。
西部林道は素通りして行く。お腹がすいてきたので、大川の滝でピクニック。
おにぎりとラーメンを作って、滝の下でいただきまーす!!
ご飯を食べた後は滝の近くの岩まで行ってマイナスイオンをいっぱいあびる。イチロも楽しそうだ。
わたしは今回はじめて大川の滝を見た。滝の壮大さに感動する。いいな、自然は。

d0146314_8325588.jpg
いたるさんに高い高いをされてるイチロの足がかわいい

その後やっと南部のポイントについていたるさんを降ろして、わたしたちはドライブへ。
前から行きたかった「楠の木工房」さんへ行き、お皿を買う。
まだ時間があったので栗生の海岸で貝殻拾い。
2時間たったのでいたるさんを迎えに湯泊温泉へ向かう。
湯泊温泉は海に面した温泉でほぼ混浴(衝立で仕切られてはいるけど、、、)だから勇気がいる。
でも泉質はここもとろっとしていていいらしい、、、島の友人の女の子はマッパで入るツワモノだ、、、
平内海中温泉もいい。ここは干潮前後2時間だけ現れる海中温泉。
すごく雰囲気がいいけどここも混浴、水着禁止、、、夜なら入れるかも。

なんだかんだで帰ってきたら1日が終わっていた。疲れたーーーーーー。
島1周はけっこう大変、、、でも森以外もすてきな場所がいっぱいだから、
島を訪れた人にはぜひ1日かけて1周して欲しいなと思う。
[PR]
by niid-design | 2009-07-01 08:48 | 暮らしのこと