カテゴリ:イッチのはなし( 32 )

今日はイッチの誕生日!

今日で4才になったイッチ。

朝いきなり車の後ろをぶつけて落ち込んだけど、
思ったよりたいしたことなくって、これですんだことがラッキーだー!!と考え直しました。
なんたって今日はイッチの誕生日。落ち込んでいられません。

仕事を午前中で済ませて、急いでイッチのためにイチゴ探し。
フェリーが欠航して、いつもイチゴを買うお店にイチゴがない!!
今日も欠航なのかスーパーにものが少ない中、
いちごはちょっと痛みかけだけどみつけ、その横にあるハネデューメロンを見て、
わたしの大好きだったHARBSのミルクレープを思い出した。
それでバナナも入れて、イッチの今年のケーキはミルクレープに決定!

d0146314_22335029.jpg
一生懸命クレープ焼いて、何層にもフルーツを重ねて、チョコペンで文字を書いて完成!!
うん、去年よりよくできた。

d0146314_2234321.jpg
ご飯もイッチの大好きなソーセージのボロネーゼと燻製とチーズとアボガドの生春巻きを。
いつも通り、ご飯を食べるのに時間のかかるイッチ。
今日はケーキが待っているからいつもの半分の1時間くらいで食べれた。

しかーし、事件はその後起きる。
食後にケーキのろうそくに火をつけて、うたをうたって、
それから待ちに待ったプレゼントをと思って、
うちの母から届いていた仮面ライダーのベルトを玄関に隠していたのに、
そんなことを忘れてしまっていたパパが普通に玄関への障子をあけてしまったのだ。
もちろんすぐにベルトを発見したイッチ。

はぁー。いろいろ計画してたのにーーーーーー。それをぶちこわす父。
本気で落ち込むわたし。でも見つけてしまったものをもとに戻すこともできず、
しょうがないので先にベルトで遊ぶことになりました。

とってもうれしそうなイッチ。こうゆうおもちゃって絶対ない!!って思っていたけど、
けっこうちゃんと変身している(したつもりの)イッチを見てるとかわいい、、、
最近はわたしもパパも一緒になってフォーゼにはまっています。
なんだよ、仮面ライダー部って!!部活かよ!!ってつっこんでたけどね。

うちはTVがないからこうゆうのははまらないと思いきや、
保育園で去年ゴーカイジャーを踊って以来、アンパンマンからすぐにヒーローものへ。
やっぱり男の子だなー。

d0146314_2251111.jpg
つい最近やっと4という指ができるように!!
本当にいろんなことができるようになったね。
毎日お皿も運んでくれるし、洗濯物をたたむのもタオルはイッチの担当。
パパからも鬼さんからも守ってくれるし、
前はできなかったこともいつの間にかできるようになっていて驚く日々。

この前まで赤ちゃんだったのにな。うれしくもさみしい母です。
イッチは5月25日が予定日だったのにだいぶ早く産まれてきました。
わたしのお腹のなかでかなり大きく育っていたイッチは、
そのままいけば4kg越えになるだろうと言われていたから、
きっとわたしに負担がかかると早く産まれてきたんじゃない?
そうゆうのって、ちゃんとわかってるのよーと昔依田さん(助産師さん)に言われたけど、
本当にそうなのかも。すごく母想いだから。

思い立ったらすぐ飛んでいっちゃう子だし、まったく人見知りしないので、
ぜんぜん知らないおじいちゃんおばあちゃんの家へ行っちゃうし、
家からはよく脱走を繰り返し、
保育園に行く前には友人のうちの庭から幼稚園に潜り込んで問題になったり、
お友達のいっぱいの保育園がいいのかと思っていたら保育園が嫌いで毎日大泣きしたり。

でもちょっとくらい大変(ン、だいぶ?)でもなにより元気でいてくれることが一番!!
あんな小さく産まれてきたイッチが外を裸足でかけまわってる。
自分が子どもを育てれるか本当に不安だったけど、一緒に成長している感じで、
不安定だった自分もすごくしっかりしたような気がする。
うん、そうだ。子どもを授かるってすごいことだなー。イッチでよかったな。

イッチ、4才おめでとう。きみはどんな大人になるのか、今からとても楽しみです。

追記)ケーキを瞬刹で食べきったイッチ。おかわりもしてひとりで半分くらい食べちゃって。
   パパには将来はグリコとかで働いてるんじゃない?だって。
   ご飯には2時間もかかって泣く泣く食べてるのに。あぁ、昔の自分を見ているようです、、
[PR]
by niid-design | 2012-04-04 22:51 | イッチのはなし

りんごの夢

d0146314_19582610.jpg
りんごが大好きなイッチのりんごの話を書いたら、
大好きな友達からりんごがいっぱい届いたよ。

イッチはその箱を開け、キラキラした目で「わー、いっぱい!」とうれしそう。

イッチはまたりんごをかじりながら夢の中。。。
手にはりんご。りんごの夢を見てるのかな。
幸せだね、きみは。


長野に行った友人からたくさんたくさんりんごが届いた。
りんごを半分に切ってみたら、すごい蜜だった!
半分くらい蜜がつまったおいしい、おいしいりんご。
パパもママもこんなおいしいりんごははじめて!!
皮をむいたら、そこまで蜜がきてたよ。びっくり!!!
りんごってこんなにおいしいんだね。
さっちゃんのりんごについで、やーちーからもりんご。
りんごのたくさんある、幸せな冬です。
[PR]
by niid-design | 2011-12-04 20:08 | イッチのはなし

イッチのはなし

d0146314_9471441.jpg
かなり自由な性格のイッチだけど、最近困ったことが、、、

イッチ、保育園行かない!!

毎日延々と繰り返されるこのフレーズ。
そしてありえないくらい時間をかけて食べる朝食。
毎日遅刻気味に保育園に行くも、
ここを右に曲がると保育園という道の手前からずっと続く「行ーかーなーい!」コール。
保育園に到着後、結局毎日おんぶして教室に連れていくも、
無理矢理先生に抱っこされて、走って逃げる母、、、

それが風邪で1週間も休んだものだから、土曜、月曜と大泣き。
先生たちも遠くから「イッチくんがきたわよ!」と臨戦態勢。

こんなことになるなんて、まさかまさかだった。

d0146314_9521989.jpg
お友達のたっくんと楽しそうに遊ぶイッチ。
最近、4月から一緒だったたんぽぽ組さんからひとつ上のすみれ組さんに移動になった。
それも影響してか、毎日が大変。

家の中でも外でも保育園でも「ママ、ママ!」のイッチ。

家の中がきらいですぐに外に逃亡、、
保育園に入る前も近所の子が家の前を走っていくと
勝手に「イッチも行ってくるね!」と走っていってしまうくらいだから、
保育園はルンルンと行ってくれるだろうと思っていたのが甘かった、、、

わたしが立ち去りしばらくするとお友達とも仲良く遊んで楽しそうにしているらしい。
でもきっとイッチを見てくれる保育園の先生たちもきっと手をやいているだろう。

イッチは本当に何も考えず、思い立ったらそれがもう行動になってしまっている。
それがうらやましくもあるんだけどね。
2才の頃から脱走は当たり前。必死で探すと知らないおじいちゃんの家でくつろいでいたり、
知らないおばあちゃんと商店から出てきてお菓子を買ってもらってたり、、、
気がつくとひとりで海に行っちゃってることもあった。

小児科の先生にも「この子を育てるのは大変だね。コツがいるよ!」と言われてしまった。
「この子は遠くからしかっても耳に入らないね。」確かに!
「いっぺんにいろんなことを注意してもまったく聞かないよ。」確かに!
「だからひとつのことをひとつずつ言い聞かせるんだよ。」はい、、そうします。

最近はすでに反抗期のようで、しかるとすぐに顔をしかめてモノに当たったり、
「だって、、だって」というように!

前はそれで鬼のように怒ってしまうことも多々あったけど(自分が忙しかったので、、)、
今は声のトーンを落として、ゆっくりとひとつずつ確認するようにしかるようにしている。

でも最後には泣きながら「ごめんなーい!!」って言ってくるかと思えば、
一瞬で泣き止んで「お菓子食べたい!」って。とほほ。かなり振り回されてます、、

もう少しママ離れしてくれるといいんだけどなーと思う、今日このごろです。
[PR]
by niid-design | 2011-11-07 10:14 | イッチのはなし

赤ちゃんの記憶

d0146314_15262156.jpg
ずっとやりたかったことのひとつ。

子供が言葉を話しはじめた頃にママのお腹にいたときの記憶を聞くと、
まれに覚えていて話してくれるらしいと何かで聞いたことがあった。
それはぜひとも自分の子が産まれて話すようになったら聞いてみたい!と思っていた。

昨日はパパが風邪でダウンのため早くに就寝。
イッチと二人、夜、暗い部屋で静かにトトロとラピュタを見てたらとろんと眠くなった。
お布団に行き、うとうとしながら、ふとその事を思い出し、聞いてみた。


ーイッチーはママのお腹の中にいたんだよ。知ってる?ー
「知ってるよ。」

ーママのお腹の中は何色だった?ー
「えっとねー、アカぁ!!」

ーどんな音がしてた?ー
「うみ色の音!」

ーお腹の中はどんな感じだった?ー
「えっとね、楽しかった!なんかね、光が見えてたよ。」

話していて、すごくそれっぽいことを言うもんだから、
おもしろくなってイロイロ聞いてみた。

ーイッチーはママのお腹に来る前はどうしてたの?ー
「うーんとね、、、、、さみしかった!」

ーどうしてさみしかったの?ー
「パパとママに会いたかったから。」

ーそっか、パパとママに会いたかったんだ。ママもイッチに会いたかったよ。ー
「ママすきー。パパは嫌いなんだよね!でも好きだけと嫌いなんだよね。」

なんて話しながらイッチは眠りについたのでした。
本当に記憶があるかはわからないけど、
不思議とそう話すイッチを見てちょっとだけ泣けました。

最近はよく自分でお話も作ったり、創造の世界に行ったりするイッチ。
でもあの眠りにつく前にいろいろ考えたりしないだろうから、
本当の記憶かもしれないな。そんな、おもしろい体験でした。
[PR]
by niid-design | 2011-09-15 15:45 | イッチのはなし

で、でかい、、、

d0146314_010598.jpg屋久島に初上陸した、
たらこキューピーちゃん!!

で、でかい、、、
大きいイッチも小さく見えます。
パパくらい大きなキューピーでした。

ちょっと大きすぎて不気味なくらい、、、
でもイッチはうれしそう。
イッチはどちらかというと巨大キューピーよりも、
となりの起き上がるキューピー相手に
楽しそうに戦いを挑んでしました。

屋久島ではあんまり人気のなかったキューピーちゃん。
時折、すみっこでポツンをさみしそう。

わたし的にはたらこの踊りを
かなり軽快に踊っていた秋葉系のお兄さんがツボ。
小学生の女の子たちにきもーい!と言われていたけど、
そんなことは気にせずにノリノリで踊り続けるお兄さん。
ご苦労さまです、、、

まさか屋久島で巨大キューピーに会えるとは!

また来てほしいものです。
[PR]
by niid-design | 2011-09-14 00:18 | イッチのはなし

3才!!

ハッピーバースデー トゥーユー♪ハッピーバースデー トゥーユー♪
ハッピーバースデー ディア イッチ♪
ハッピーバースデー トゥーユー♪

d0146314_19535499.jpg
イッチ、3才のお誕生日おめでとう。

最近すっかり少年のようになってきたイッチ。
でもまだまだ甘えん坊のイッチ。
家ではおちゃらけたり、脱走したり、元気いっぱいのイッチ。

2ヶ月も早く小さく小さく産まれてきたのに、
あのときの心配はどこへやら。
本当に元気に育ってくれて、なによりもうれしく思います。

d0146314_19591235.jpg
イッチのリクエスト、イチゴとチョコのケーキ!

「ポニョの毛布を持って、教室のすみっこでシクシクしてるのでお迎えに来てください。」
と保育園から電話がかかってきた。お昼寝になるとさみしくなってしまうみたい。

イッチはひとりで近所へ遊びにいってしまうし、子供たちをみると走っていってしまうし、
絶対に大丈夫と思っていたけど、まだまだ甘えん坊さんだ。
毎日ママと一緒に海や山で遊んだり、買い物行ったり、家でぐだぐだしたり、
ママとずーっと一緒にいたから、いきなりは無理だよね。
少しずつ頑張っていってくれたらいい。

毎日お迎えに行くと「イッチ、泣いたぁ!」「イッチガンバッタ!」
「イッチさみしかったぁ!」と教えてくれる。
頑張ってるんだね。えらいぞ。

今日はイッチの誕生日だったので、イッチの好きなピザとオムライス、
そしてイチゴとチョコのケーキを作った。なかなかおいしくできました!

d0146314_20175799.jpg
お誕生日のプレゼントにおーちゃんの走る本屋にいったら、
Linnaのみかちゃんからすてな1冊をもらった。
イッチ、一番のお気に入りになりそうな「バルンくん」。
軽快な音とストーリーで読んであげたら釘付けになったイッチ。
いつも読んでる途中であきてしまうのに。
自分が小さなとき好きだった本「おばけのてんぷら」と「めがねうさぎ」を購入。
絵本て本当におもしろい。

豊川のじぃじとばぁばからは電動のパーシーが届いて大喜び!
お休みの日はいっぱいいっぱい遊ぼうね、イッチ。
[PR]
by niid-design | 2011-04-04 23:30 | イッチのはなし

入園式と大きな森

それは突然やってきた。
3日前に「保留になっていた保育園に入れますが、どうしますか?」と。

2月のはじめに保育園の面接にいくも、
ふたりとも自営のうちはたぶん無理だろうと言われて帰ってきた。
案の定、3月のはじめの通知は待機とのこと。
すぐに福祉事務所に電話して聞くと、待機が11名もいるらしい。
それは無理だとあきらめ、今年の仕事再開をどうしようか悩んでいた。

元気すぎるイッチはわたしと毎日遊ぶのは限界。
そしてイッチも子供たちと遊ぶ方が楽しそう。

入園できてよかった、よかった。

そして今日は入園式。イッチよりも小さい子たちがじっとイスに座っていて驚いた。
イッチはと言うと、、、

d0146314_21455518.jpg
座っていたのは最初の3分。
園長先生や担任の先生の話をまったく聞かず、床に寝そべったりと、、、
まぁ、イッチらしいといえば、イッチらしい(笑)

d0146314_21495515.jpg
イッチの大好きな近所のテンテンがずっと手をつないで連れていってくれたり、
一緒に給食を食べたりと、お世話をしてくれていた。
テンテンがいるから、イッチも楽しそうだった。

今日は自主保育のサークルもあったので、お昼で帰宅。明日からどうなるか心配。
ひとりでいられるかな、、、最初は無理かな。

d0146314_21492780.jpg
自主サークル“大きな森”。第3回目はお外で炊き出し!!

あゆみちゃん家のお庭というか畑に集合!!
おにぎりとお味噌汁の具だけ持ち寄りで、贅沢なお味噌汁になった。

d0146314_2154584.jpg
お味噌汁がおいしい!!

なんだか懐かしい風景。ゆったりとした時間が流れる。
みんな揃って「頂きます!」
最近すごく食について考えることが多くなっていて、なんだかこうゆうの幸せだなーと思った。

d0146314_21583754.jpg
そして今日はイッチのお誕生日会も一緒に企画してくれていた。
みんなそれぞれマクロビのおやつを作ってきてくれた。

でも主賓のイッチはというと、ずっと外を駆け回り、コウヘイの車を取り上げていた、、、
いつも仲がいいのか悪いのか。いっぱいあるおもちゃの中からひとつを取り合ってケンカ。
でも二人で笑いあったり、わけっこしたり。イッチの最高の親友だね。

イッチも保育園という集団の中で、人との付き合いを学んでくれたらいいな。
今はまだ一人っ子のわがままさん。どう成長してくれるか楽しみだな。
保育園入学は決まったけど、この大きな森も素敵な集まり。
これからも大きな森のときはこっちに参加していこう。
[PR]
by niid-design | 2011-04-01 22:14 | イッチのはなし

大きな森~自然の中で育てる~

自分に子供が産まれたら、自然の中で大きく育てたい。
シュタイナーの本も読んで、マクロビオティックなお菓子を作ったり、
穏やかでやさしい子に、、、なんて思っていた。

けど、現実は家を脱走するほど元気なイッチにゲンコツもするし、
近所のおっちゃんには毎日のようにチョコやクッキーをもらう現実(笑)

でも元気が一番!元気に自然のなかでのびのび育ってくれればいい。

屋久島には自然の中で育てるような保育園があるような感じでいた。
森の幼稚園のような。そんなのがあったらいいなと思っていたところ、
ヨガで知り合ったMちゃんが同じような想いを持っていて、
少しずつでいいからと動き始めた。

自然の中で育てる自主保育~大きな森(仮)~と題して、この前第1回の集まりをした。

この日ははじめてということで、Mちゃん手作りのマクロビのガトーショコラをおやつに、
どんなことをしていきたいかやMちゃんが実践した「おむつなし育児」のおはなし。

d0146314_18385966.jpg
ガトーショコラに豆腐のクリームとイチゴ。
マクロビ独特のはじめは甘みが足りないかなとおもっていたら、
かみ締めるほどやさしい甘みがしっかりとでてくる。

「おいしい!!」

これはおいしい。またレシピをしっかり聞いてこよう。


おもつなし育児の話もおもしろかった。イッチは布おむつを使っていたけど、
基本寝るときやお出掛けのときは紙おむつを使って、
1歳の夏にはすっぽんぽん、秋に突入して中断し、
また2歳の夏にすっぽんぽんのおむつなしにしたら、あっと言う間に取れた。

おむつなしだと自分もよくコドモを見るし、コドモの出すサインを敏感に感じ取れる。

ただ布おむつのときもそうだけど、頑張りすぎても大変だし、
コドモも無理じいするとイヤになってしまうからほどほどに。

なんでも無理はしないこと。


今後は自然の中で一緒にコドモたちを遊ばせたり、マクロなお菓子を作ったり、
これからどんどん発展して、いつかは森の幼稚園ができたらいいな。
Mちゃん、頑張ってね!!わたしも“大きな森”で絵を描いたりできたらと思っています。

興味のある方はご連絡くださいね。0歳~未就学のお子さんとお母さん対象です。
[PR]
by niid-design | 2011-03-05 18:56 | イッチのはなし

屋久島の子より屋久島育ち?

d0146314_22163296.jpg
土の道に落ちているクワの実を拾う子供たち二人、、、

いたるさんの悪友シュンゾウの仕事が急きょキャンセルになり、
いたるさんにしゃくなげ登山(1泊)のお誘いの電話が。

早朝からダイビングに行っていたいたるさん。
急いで帰ってくるなり、そそくさと山の準備をしている。

はいはい、いってらっさーい!!!気をつけてー!!

そこでシュンゾウの嫁アユミちゃんと嫁会を開くことになりました。
夕方から安房へいき、少しのんびりして温泉へ。わーい、気持ちがいいねー。
その後パスタとサラダを作って、カンパーイ!飲めないわたしはグレープジュース(笑)
子供たちをさっさと寝かせ、嫁の語らい、、、そして就寝。
次の日、朝から自家製酵母パンを焼くアユミちゃん。うーん、いい香り!!

子供たちはふたり仲良く外で遊んでいる。いいな、兄弟がいたらこんな感じかな?
様子を見に行くと、コウヘイが何か拾って食べている!!!口の周りはまっ黒、、、、

「アユミちゃーん!コウヘイがなにかヘンなもの拾って食べてるよー!」

「あー、大丈夫。クワの実だ、きっと。」

よく見ると、ラズベリーみたいにぷつぷつした実。これがクワの実なんだ!
イッチは怪しい目でコウヘイを見ていたけど、ひとつパクリとしたとたん、
「おいしぃーーー!!」とほっぺたを押さえる。
その後は二人で落ちている実の取り合い(笑)

d0146314_22274121.jpg
こんな風に落ちている実を普通に食べるコウヘイはすごいなー。

コウヘイは次々にぷくりとしたいい実を見つけてはパクパク。
イッチはどうみても干からびた実を拾ってはパクリ、、、

イッチはわたしに似てか少し細かい、、、
拾ってはついている砂をパッパとしては、つぶれた実の汁が手につくと服でフキフキ、、、
そうやって慎重に食べている間にコウヘイはどんどん、どんどん拾って食べていく。

コウヘイくらい強くたくましく育ってほしいな。

でもイッチも色の黒さは島の子以上(笑)毎日毎日海に行ってますからね。
二人とも屋久島でのびのび育っているなーとつくづく思った1日でした。
[PR]
by niid-design | 2010-06-02 22:52 | イッチのはなし

幸せな出産

土曜日は「かごしまおんな塾」が主催する
「吉村 正 屋久島講演会ーしあわせなお産をしようー」を聞きにきってきた。

行きたいと思っていながら、仕事や子供の都合で無理だしなとあきらめていたら、
その日の午前11時半にLinnaのみかちゃんのところへパンを買いに行くと
「チケットのあまりがあるんだけどー、行く?」
と言われ、すぐにパパに電話。イッチをみててくれることになり、急きょ行くことに!
チケットを譲っていただいたご友人の方に感謝です。

吉村先生はわたしの住んでいた豊川からすぐ近い岡崎にある自然なお産をするところで
江戸時代にタイムスリップしたかのような空間で健康な身体を作り、
みな幸せな出産をしたと評判のところ。
わたしもここで産みたい!って思っていた。

でもわたしには諸事情があり、なにかあったときに子供が危険になること、
結婚後住んでいた伊豆にいい病院があったことなどから病院で産むことを決めた。

吉村先生のお話はすごく楽しく、そして幸せな出産とはなにかということを力強く語られ、
自然な出産をした女性たちの美しい顔、赤ちゃんのなんてのんびりふんわりした顔、
そうゆうのに強く心を打たれた。そして涙もいっぱいでた。

わたしは出産予定日の2ヶ月前に予兆もなく破水、そのまま点滴で陣痛を抑え、
半日後に緊急帝王切開でイチロを産んだのだ。

d0146314_21251563.jpg
小さく産まれて、保育器の中で呼吸器や点滴をするイチロを見て、涙がとまらなかった。
本当にごめんね、ちゃんと産んであげられなくってごめんね、と何度も何度も思った。

d0146314_21261676.jpg
イチロにはじめて会えたのは手術が終わった次の日。
はじめてイチロをこの手で抱けたのは3週間後だった。今でもそのときの感動を覚えている。
手術は麻酔も効いていたし、半日ずっと点滴でおさえられていたから意識も朦朧としていて、
痛みと苦しみと罪悪感みたいなので、嬉しさよりそうゆう気持ちが強かった。
でもはじめて保育器から出て先生に抱っこできますよ!と言われ、
はじめてイチロを抱いたときの感覚と感動はもう言葉にはできないくらいだった。

吉村先生の講演ではあくまでも
「自然なお産、下から産まなくては、本当の母親ではない!」というものだったので、
お話を聞いていて胸が痛くなることもあった、、、

でも子供の命を救ってくれた病院の先生にも、
その後ずっとやさしく見守ってくれたNICUの看護婦さんにも感謝でいっぱいだし、
子供の命を守るために病院で産むことを決めたことにも今は後悔はすこしもない。

自然に出産ができることは本当に幸せだし、でもそうじゃなくても幸せなお産だ。
それぞれの考えや事情やいろいろあって、それで選んだ出産だから、きっとみんな幸せなんだと思う。

ただ吉村先生のところで産んだ直後の女性の美しさと
赤ちゃんが仏のように穏やかな顔していたのには驚きと羨ましさがあった。
あー、わたしもこんな風に吉村先生のところで産めたらと思いながらも、
わたしには病院で産むってことが大切なんだと改めて思った。

でもわたしも次は自然に出産できるといいなー。
屋久島はやはり鹿児島まででるか、帰省して出産する人が多いみたい。
屋久島には徳州会という大きな病院があり、なにかあったときはサポートしてもらえそう。
すごくわたしにはありがたい。
公演の後、助産師さんの依田さんのお話もあり、すごく心強かった。
いい助産師さんが屋久島に来てくれてうれしい。

d0146314_2140568.jpg
2ヶ月も早く生まれ、心配していたイチロはその後すくすく(いや、ズンズン)と健康に成長中。
先生にも1才検診で標準より大きいのがすごい!と太鼓判を押されたくらい!!
子供の生命力って不思議。イチロはぜんぜん風邪もひかず、毎日裸で海に入ってる(笑)
でもなにより健康に育っていてくれてうれしい。

「イチロはきっと早くテルに会いたかったんだよ。」

いたるさんが言ってくれた言葉。すごくすごく安らいだ言葉。
今ではわたしもそう思う。イチロ、早く生まれて会いにきてくれてありがとうと思う。
[PR]
by niid-design | 2010-05-17 21:55 | イッチのはなし