カテゴリ:旅のこと( 9 )

鹿児島の旅

屋久島へ来てからはじめての旅行、、、友人とイッチと。

d0146314_23175818.jpg
船大好きなイッチの最近の日課は、宮之浦港に船を見に来ること。
いつもは到着する船を見てるだけ、、、でも今日は乗れるんだぞ、イッチ!!
あれ?乗っていいの?とちょっと戸惑っていた。

d0146314_23203084.jpg
船は予想外に大揺れ。途中緊急停止して、大波に揺れる、揺れる、揺れる。
向こう側の窓をみると海と空とが交互に見える、、、一瞬、転覆??なんて思ったりして。
友人は真っ白い顔になり、すかさずWCへ。
わたしもうぷってなりそうなのを我慢して隣を見ると、ひとり楽しそうなイッチ。
イッチは船酔いしないんだね!パパの子だ!!

なんとか走行開始するも大揺れ。陸についた後、1日中地面が揺れていた、、、

d0146314_23235953.jpg
今回の旅の目的のひとつ。しょうぶ学園に行く。
楽しみにしていたTシャツ展。
ひとつひとつ個性ある絵が描かれて、天井からのピアノ線でゆらゆら。
たくさんありすぎてすごーく悩んでママ2枚とイッチに1枚購入。

途中、雨が降り出してきて、イッチはひろい緑の庭に駆けまわる。
カッパを着せるとなぜか軒先の雨がぽたぽた落ちるところが気に入ったようでずっと立っていた。

d0146314_23275061.jpgd0146314_23281423.jpgd0146314_23283136.jpg
ここもお楽しみのひとつ。
しょうぶ学園内の生パスタ屋さんOTAFUKUへ。
サラダ、かぼちゃスープ、パスタ、パン、おいしいドリンク、デザート(おまけだったかも)がついてなんと950円!
しかもめちゃくちゃおいしい。シンプルだけど手のこんだおいしさ。
丁寧に入れられたアイスティーがとってもおいしかった。絶対また来たいな。イッチもペロリと食べちゃった。

それから一度ホテルにチェックインし、シャワーをあびる。
鹿児島、ものすごーく暑い!風がないせいかも。
すっきりしたところでもうひとつの目的マルヤガーデンズへ。
D&D鹿児島では友人と二人して目の色輝かせお買い物。
イッチははじめて1時間だけ預かり保育してみたけど、
さっさと遊具で遊び始め、迎えにいってもケロッと楽しそうだった。
一時お預かりができて、久しぶりにゆっくりなお買い物が楽しめた。

夜は映画(アリエッティ、、、ちょっと残念)を見て、テクテク歩いてホテルまで帰る。
1日目終了~。たくさん歩いて足が痛い。

d0146314_2337077.jpg
2日目は水族館へ。エスカレーターを上がるとジンベイザメが!!すごーい。イッチも水槽に釘付け。
ところがその後はあまり興味なく、あるといえばエスカレーター。
エスカレーターを見つけると水槽そっちのけで乗りに行ってしまう。
早々と水族館終了~。

d0146314_23393894.jpgd0146314_2339528.jpg
元DWELLへ寄ったり、アミュプラザで買い物。
久しぶりのスタバ、すごく落ち着く。イッチはハム、チーズが大好き。
その後、別行動でわたしはもう一度マルヤガーデンズへ。
でもバスがいまいち分からず、水族館行きへ乗ってしまい、
イッチバギーを押しながらひたすら高速船乗り場まで走る、、、かなり疲れた。汗が止まらない。
ギリギリの15分前についた。さすがに友人も間に合うか心配してたみたいだ。
帰りの船はあまり揺れなかったけど、疲れがピーク、、、

船酔いと2日間イッチを抱っこしたり、バギー押して歩いたり、とにかく疲れた!!
イッチも疲れたね。ベルト着用の高速船、、、何回も嫌で抜け出して怒られて、でもイッチはよく頑張ったね!

そんなこんなの鹿児島旅行。楽しかったな。はー疲れたなー。今日はきっと爆睡だ!!

今回の戦利品(もう少しあるけど、、、ま、それはね、、、)
d0146314_23462584.jpg
[PR]
by niid-design | 2010-07-30 23:53 | 旅のこと

なんちゃって観光ツアー

29日の祝日、観光客もぞくぞくと屋久島へin!!
そんな中、わたしたちもなんちゃって観光ツアー決行。

南の宿へフリーペーパーを届けに行くことになったので、
じゃ用事つくっちゃえばいいやってなって、
たまたま前日の夜友人にも声かけたら行く!行く!となり、
わたしと友人とイッチで南へレッツゴー!

d0146314_18461067.jpg
いたるさんが仕事で春田浜にいると言っていたので、寄ってみる。
なぜかというとタイドプールから黒い丸い物体(カブリ着た頭だけ見える)がでている
怪しい風景を友人にみせたかったから。
でも行ったらちょうどお昼ご飯を食べていて、見れなくて残念。

イッチにはちょっと危険な春田浜だけど、タイドプールに来たことがないと友人が言ったので、
春田好きなわたし(とイッチ)は友人をタイドプールへ誘う。
この時期の春田は海藻がゆらゆら、気泡がプクプクと幸せなのだ。
奥のほうのタイドプールは人がつかれるくらいの深さがあり、魚もたくさんいる。
こんな時期は本当にタイドプールに潜ると幸せを感じる。いいなー、潜りたい!

d0146314_18592493.jpg
友人の作ってきたサンドイッチとわたしのもってきたグレープフルーツでランチ。

春田を後にして、そろそろおなかすいたねーとなり山河(やまんこ)公園でランチをする。
アボガドとチーズのサンドイッチ、超おいしい!!
珈琲を用意するもお湯を忘れる、、、うう、珈琲飲みたい、、、

d0146314_1922590.jpgd0146314_1924433.jpgd0146314_193375.jpg
(左)モッチョム岳が目の前の気持ちよい公園
(中)スベリ台を発見して何十回とすべる楽しそうなイッチ
(右)友人が大好きなイッチはわたしといるより楽しそう!

d0146314_1961888.jpg
イッチが寝てしまったので、そのまま栗生まで車を走らせる。
とても気持ちのよいドライブ日和!!
栗生の海岸で家の玄関までの道にひくサンゴのかけらを拾い集める。
友人は栗生のサンゴの浜もはじめてきたらしい。
意外と屋久島にいても、いったことのない場所はたくさんあるんだなー。
わたしもまだまだいろいろ行き足りないや。

最後はもちろん温泉にゆっくり浸かる。
今日はイッチもいたのでJRの温泉に来たのだけど、すっごい景色ぃぃ!!
はるかかなたの海までずっと見える感じ。サイコーだー!!

たまにはのんびり島内観光も楽しいね。
次回のフリーペーパーにつかえるネタ探しのためにも、今後もときどき決行しよう!
[PR]
by niid-design | 2010-04-30 19:27 | 旅のこと

島内一周の旅

確定申告もやっと終わり、みぞれ降る寒い1週間が過ぎ、やっと春の陽気が。
一路は毎日激しく元気で、雨続きでストレスがたまってます、、、
わたしもストレスがぁぁ。よし、出掛けますか!!

いたるさんが栗生(うちから真反対の南)で潜りたいというので、この際島1周しようかとなった。
ついでにわたしが3月末発行めざしているフリーペーパーの撮影もしちゃおうっと。

d0146314_1381049.jpg
いなか浜で海の写真を撮るため、立ち寄った。
志戸子を出発したときは晴天だったのに、いなか浜へ到着すると雲が、、、
ここは晴れでないと真っ青な海の色がでないのに、、、

海大好きイチロはもう楽しくって仕方がない。

d0146314_131111.jpg
わたしは貝殻拾いに夢中。
いたるさんは脱皮したての砂ガニを見つけ撮影に夢中。
いつの間にかイチロはすっごい遠くの岩場で思いっきり海に入っていた、、、(写真の左上の岩場)
あー、すぐ海はいっちゃうんだから!今日はまだまだ旅が続くのに。

永田の田んぼにレンゲ畑が広がってるのを見つけては立ち寄り、
西部林道では鹿や猿たちを見つけては撮影。

やっとお昼過ぎに栗生に到着。

d0146314_13142958.jpgd0146314_13144116.jpgd0146314_13145469.jpg
べーグルサンドとタンカンとコーヒーをもって、浜でピクニック。

ご飯を食べたあと、いたるさんは海へ。
わたしたちはタイドプールで遊ぶことにした。イチロは一瞬で水の中へ。
あー、もういいや。好きにしていいよ。

d0146314_13172635.jpgd0146314_13173898.jpg
服のままタイドプールに突っ込み、そのまま散歩していると寒そうで、
もうハダカでいいかと全部脱がして海岸を散歩していると、
おじいちゃん、おばあちゃんの集団が!!
「あらー、寒そうね!」「かわいいわね!」「お菓子あげるわよ!」とお声がかかり、
ちょっとだけおじゃまさせてもらってお茶をした。みんな温かいから外に出かけたくなるよね。
イチロはバスが気に入ってしまって、なかなか下りて来ない。
運転手さんもいい人で運転席に乗せてくれたりした(ずっと丸裸のまま、、、)。

まだ海は冷たいのにイチロは海でちゃぷちゃぷ。本当に海が好きなんだねー。

その後、歩かなくなったイチロをおんぶして海岸を歩くも道がなくなり、
雑木林の中を木々を掻き分けて歩き、岩場を降りたり、軽く迷子になりながら元のタイドプールへ。
陽射しが強く、大変だった。でもちょっとした冒険だったね。

楽しかったけど、案の定次の日は熱を出してダウンしたわたし。
イチロはあんだけ冷たい海に浸かったのに超元気。すごいね。

というわけで3月末くらいを予定に今がんばってフリーペーパーを作成中。
そのうちどこかで見かけたら、手にとってみてくださいね。(主に屋久島内ですが、、、)
[PR]
by niid-design | 2010-03-15 13:30 | 旅のこと

最後の伊豆三昧

d0146314_1293642.jpgd0146314_1295658.jpgd0146314_1210955.jpg

伊豆にいるのもあと1ヶ月をきった。
伊豆に来たころ、伊豆はたくさん遊ぶ場所があるから
毎週どこに行こうかと考えていたのに、
結局わたしたちの行く場所といったら修善寺くらいだった。

で、思い残していた大室山のリフトに乗ってきた。
友人がペットを抱っこしてリフト乗ってる人がいたから、
赤ちゃんも大丈夫じゃない??と言ったので行ってみた。
イチロ初リフト!!キョロキョロしながらも楽しそうに乗っている。
山頂に上がると風がピューピュー!!さむーーーーーーぃぃぃ!!!
1周15分くらいで歩く道があって、そこからは大島や海辺の町が一望。
でもとにかく寒い!!!
でもイチロは楽しそうに、芝生(けっこうすぐ崖になってて危ない)でハイハイ。

あまりの寒さにみんなほっぺが真っ赤かになってしまった。

その後、麓の菜の花と桜の公園でお弁当を食べた。
イチロは菜の花畑にチョコンとお座りして、花を不思議そうに眺めててかわいかった。



d0146314_12173561.jpgd0146314_12174762.jpgd0146314_1218179.jpgd0146314_12181116.jpg

そして昨日は友人が会社を休んでバナナワニ園に連れてってくれた。
彼女は大のバナナワニ園好きで年間パスポートを持っている。

ワニ園に行く前に河津へよる。
七滝で1度は食べてみたかった「クラッシュイチゴ」を注文。
おいしかったんだけど、凍ったイチゴをクラッシュしたものだったので体が冷えてしまった、、、
クロワッサンにはさんだイチゴのにすればよかったなー。
少し川沿いを散歩。水の音が気持ちがいい。

その後、温泉が吹き出るところへ寄った。
1時間に1分間だけ温泉がドドッと吹き出すらしい。
イスに座ってみてると、そこは温泉がかかりますからねーとおじさんに言われるけど、
そこで見てたら本当に温泉が降ってきた。
「かかるって言ったでしょ~」とマイクで言われる(笑)

そしてバナナワニ園についたらもう2時過ぎ、、、
ワニ園のほうは改装されてて、ワニを下から見るゾーンとかできてた。
ほとんど動かないワニたち。反省するワニがかわいかった。
マナティはめっちゃでぶくてかわいいし、レッサーパンダも超ラブリー。
植物園はワッサワッサしてて土の匂いがいい。
イチロも緑が好きなので上を見上げて楽しそう。

ただバナナワニ園、すごく歴史のあるところでぜんぜん設備が整ってない、、、
すべて階段で通路も狭いから、ベビーカーを担いでのぼり降りを繰り返し、
腰が究極に痛くなってしまった。

でもすっごく楽しく大満足!!!

帰り際にもうひとつ気になっていたカレー屋「JIB」へ行くことに。
外観とは違って中は高級チック。
カレーはトッピングがたくさんあって悩んだ末、牡蠣フライとナスにした。
スパイシーでちょっと甘いフルティーなカレーでおいしかった。
ただボリュームがすごい。男の人サイズなので、もう少し小さいサイズがあるといいな。

今週は伊豆三昧だった。もう思い残すことはないかな。
あ、大瀬でダイビング、、、、無理かな~。
[PR]
by niid-design | 2009-03-13 12:37 | 旅のこと

旅立ちのとき 屋久島へ

d0146314_13392022.jpg

いつかは島へ。

そんな想いがあった。でもそれは夢空言で、
実際には行けたらいいなと思いながら毎日を忙しくしていた。

いたるさんと出会った頃からそんな話をしていて、
それが実現するんじゃないかとワクワクした。

そして結婚するころにはその想いは確実にふたりにとってすすむべき道となった。
シマダスでいろいろな島を調べてみても今いちピンとこない、、、
なんとなく屋久島に呼ばれた気がして、
妊娠7ヶ月のときに新婚旅行もかねて屋久島を訪れてみた。

すごく南国をイメージして行ったので、東京よりも寒く、雪の降る島に
わたしは一気にテンションが下がり、あ~屋久島じゃないかもとも思いもした。
でも島で1週間ほど過ごすうちに、森にふれ、人にふれ、
密かにわたしの中で「ここだ!!」と思った。

あれから1年、いたるさんとも話してついに決断。
「屋久島へ行こう!!」




とはいっても不安ばかり。
2週間休みを利用していたるさんが借家探しに行ったけど見つからず、、
しばらく住所不定無職になるってことだな、、、、、ふぅ、、、大丈夫かな、、、、

楽しみもいっぱい、不安もいっぱい。
でもいたるさんがいて、一路もいる。三人で頑張るしかないね。

島でせかせかしてもしょうがないから、ゆっくりポクポク少しずつ前に進んでいけたらいいや。

あ、そうそう引越しは4月後半から5月前半にします。
4月に1回くらい大瀬潜り納めしたいなぁー。でも片付けや準備でギリギリかな。
[PR]
by niid-design | 2009-02-28 14:05 | 旅のこと

雨の鎌倉

d0146314_1642848.jpgd0146314_1642194.jpgd0146314_16422997.jpg

鎌倉へ行ってきました。

でも雨、、、雨、、、雨、、、
う~ん、迷った末、大仏さんだけ見に行くことにしました。
雨の大仏さんもいいですね~。しっとりしてて風情があります。

鎌倉の大仏さんはたぶん初めて見ました。
やっぱり大きいね。

後ろにまわったら、大仏さんの背中が開いていて笑えました。
しかも前からのむーん!って迫力はなく、なんか猫背でかわいい。

イチロも大仏さんみて考えごと、、、、かな。

とっても寒かったけど、けっこう楽しかったです。
さすがに外人さんが多いですね。
[PR]
by niid-design | 2008-12-20 16:48 | 旅のこと

サファリぱーく

d0146314_11201630.jpgd0146314_11525221.jpgd0146314_11202977.jpg

ずーーーっと行きたいと思っていたサファリパークに行ってきました。
いたるさんは自然ではないところが好きくない。
なので、動物園も水族館もサファリパークも乗り気ではないのだ。

もちろんアフリカの大自然の中で動物に会いたいけど、それはいつかってことで。

で、行ってきました。富士サファリパーク。
天気はよかったけど、富士山は曇っててちょっと残念、、、

クルマでサファリゾーンへ入っていくと、いきなりくまさんがのっそのっそ近づいてくる!!
わ~、すごーい!!!って喜んでいたら、レンジャー部隊のクルマが来て、
クマを追い返してしまった。え~、別にクルマ傷ついてもいいのに。

サファリゾーンはもちろんクルマの窓は絶対開けてはダメ!!
その他、動物が近づいてきたら、車は進める。などなど注意事項がいっぱい。
これらを守らないと、レンジャー車が来てスピーカーで怒られる。
もちろん、何回か怒られました。
ライオンを撮影中にずっと同じ場所にいたので、「場所を譲ってください!!」とか。
レンズ分だけ窓をそっと開けてたら、「窓は閉めてください!!」って。
確かに事故も多いみたいだから、レンジャーかなりうるさいです。

サファリパークに来たかったのはわたしなのに、完全にいたるさんの撮影助手となり、
「あ、あと1m前に進んで!」とか言われてました。ま、いいけどね。
けっこうどの動物も道に歩いてくるので、間近で見れて楽しかった。
動物園のオリにいるよりは幸せなんだろうな。みんなゆったりのんびりしてたから。


d0146314_1120386.jpgd0146314_115322100.jpg

イチロさんははじめ静かに寝てたけど、途中から起きてしまい、
チャイルドシートにいるのが嫌で泣き出してしまった。
チャイルドシートに乗るといつも悲しい顔でこっちを見る、、、そんなにいやなのか??
しょうがないので助手席にイチロさん移動。お、大きいなイチロ、、いつの間にそんな大きくなったんだ、、、
イチロさんが持ってるゾウさんは親友の「ぐるんぱ」。
寝るときもお出かけのときも、どこに行くにもぐるんぱと一緒。そしてぐるんぱをモグモグしてます。

そうそう、わたしは念願の子らいおんと写真撮影できたので大満足。うしし。
子ライオンはちょうどイチロと同じ大きさでかわいかった。もっさもっさしてた。
[PR]
by niid-design | 2008-10-04 11:57 | 旅のこと

屋久島にふれてきた

屋久島へ行ってきた。
思ったよりもお腹が大きくなっていて心配ながらも出発がせまるとワクワクだった。

出発前日、いたるさんの横浜の実家に泊る。
久しぶりに帰る彼のもとに友人たちが集まり、宴会が、、、
そして朝、もちろん二日酔いの彼。
ぎりぎり電車に飛び乗って、空港につけば飛行機は設備不良で欠航、、、、
あやしげな航空会社にしたためか、、、朝から暗雲がたちこめる。
結局1時間半後の振替便に無事乗るも、その飛行機も30分遅れで離陸。
乗るはずだった高速船は乗れず、結局種子島経由の時間のかかる最終の船に乗る。
種子島を過ぎたあたりから雲行きあやしく、白波がたちまくり、揺れまくる船。ついに吐く、、、、、
そしてやっと屋久島についたーー!!!と思ったらドビューーーーーッとふきつける突風が
さらに拍車をかけ、「来るところを間違ったか、、、、、、。」と気持ちは↓。

朝6時に出発して、屋久島についたのは夕方6時。
いちよう新婚旅行ということもあり、1日目は屋久島で1番高級なホテルあかつきに泊る。
ヴィラのお部屋は広くてきれいで二人してテンションがあがり、はしゃぎまくって写真もとりまくる。
その夜は疲れから速攻寝てしまった。屋久島への想いは明日に期待して。


朝、雲で覆われている空のすき間から光が海に差し込んでいる。
神様が降りてくるといわれる、目の前に広がるなんとも言えない光景にしばし沈黙。

d0146314_13133133.jpg




屋久島は不思議な島で、北と南では5度も気温差があり、天気もまったく違う。
北は宮之浦岳から吹き下ろされる冷たい風と雨雲の影響もあって、東京よりも寒い。
南は日差しが暖かく、風も弱いので暖かい。
到着した日は屋久島でも最も寒い日だったらしく、雪が降り、森への道はすべて封鎖。
仕方ないので、南から西側をまわってみることにした。
車で走りながら、気になった場所へ立ち寄る。
途中、干潮時だけ入れる海中温泉へ行くが、海の中だった。
一斉に「ヨダレカケ」が集団でビタビタっと動くのを発見。
いたるさんは波がザバンザバンくるなか、マクロレンズのカメラでなんとか撮影しようとし、
案の定、海へ落ちる。でもカメラは必死で守り無事でひと安心。

次に念願のタイドプールへ。珊瑚がゴロゴロする海岸に点在するタイドプール。
しかし風が強く、真冬のような寒さで30分も外に居られない、、、
プールを覗いても、魚どころかヤドカリもいない、、、いるのは貝だけだった。
でもきれいな貝や珊瑚拾いに寒さも忘れて夢中になっていた。

d0146314_13264255.jpg



2日目に泊る宿はモッチョム岳の目の前にある民宿「四季の宿 尾之間」。
目の前に悠然とそびえるモッチョム岳。後に私たちのお気に入りの言葉となる。
夕方、近くにある温泉にいく。源泉がわきでるちょっと熱めのトロトロの湯。
レトロな建物と地元の人たちの会話が素敵な温泉だった。
民宿の方もお部屋も素敵だった。ここはまた来たい。

d0146314_13293584.jpg

民宿の庭で見つけた凧をあげるいたるさん




3日目は封鎖がとけたということで白谷雲水峡へ。
雪が残る山道を進み、入口まで来たころにはあられのような雪が降り出す。
レンタルした登山服のフル装備でいざ出発。

d0146314_13345030.jpg

雪溶け水にしたたる苔たち




澄んだ川の流れとツンと澄みきった空気。雪の残る森に広がる苔。
水も空気もおいしい。なんて素晴らしいところなんだ。

d0146314_1339433.jpg

一歩登山道をはずれるとすべてが「もののけの森」のよう



d0146314_13554176.jpg

苔と奮闘する根暗カメラマン-いたる



途中から完全な山道になり、結局「二代大杉」まで頑張って歩き、引き返す。
普通の人なら30分の道のりを二人でゆっくりゆっくり1時間半かけて歩く。

d0146314_13564742.jpg

樹齢700年の二代大杉



なんとも言えない偉大な森。
たった少しだけしかふれてないのに、森の魅力にとりつかれる。




3日目から民宿「晴耕雨読」に3泊。
ここは一人旅やあやしげなカメラマンたちに人気の宿だ。
素泊まり3,500円で、共同のお風呂とキッチンがあり、みんなの集まるスペースがある。

初日は初ひとり旅のY中氏とキュレーターをしているS田さんと私たちだけ。
共同スペースはとても居心地が良く、部屋よりもそこにいることが多かった。
毎日入れ替わりでひとり旅の人がきては、夜は自炊して皆で宴会。
熱く語る人たちと共に過ごす夜。楽しかった。

この宿に集まる理由は民宿のオーナーのアイコさんと三郎さんの人柄もある。
ほがらかなアイコさんと博学でおもしろい話をしてくれる三郎さん。
特に粘菌や冬虫夏草の話には興味シンシンだった。
そしてお二人が入れてくれるコーヒーもおいしい。

4日目はグダグダと過ごしてしまい、5日目はいたるさんは海へ潜りに。
ダイビングサービス「森と海」の原崎さんはいたるさんとヤドカリ仲間。
彼が潜りの間、原崎さんの奥さん(かずえさん)がいろいろと案内してくれた。
かずえさんは森のガイドもしているだけあって、植物に詳しい。
冬虫夏草の本なども見せてくれた。ただ冬はなかなか見れないらしい。
8ヶ月になる森羅くん(超かわいい!)を連れて、世界遺産「愛子岳」の麓で安産祈願をし、
100円の無人販売所でタンカンを買って、地元の人しか来ない穴場のガジュマルの森へ。

手つかずのガジュマルの森はかなり印象的なところだった。心に深く残る森。

d0146314_1420739.jpg





ガジュの森で私の好きなシダ類について教えてもらい、
自分ももっと植物のこと知りたいなと思った。今の時間のあるうちに勉強しておこう。

海は荒れていたけど楽しかったようで、二人とも大満足の1日となった。

最終日は宿でゆっくりして昼の船で帰る。
鹿児島でタクシーの運ちゃんに桜島が一望できる高台に連れてってもらい、
飛行機に乗って帰宅。


私がお腹が大きかったこともあって、深くは立ち入れなかった今回の屋久島。
でもまた行く理由もできたし、いつかは島に住みたい私たちの候補の島でもある。
今回の旅は、どこよりも屋久島へ行って良かったと思える旅になった。

いつかまたゆっくり行こう、、、、。
[PR]
by niid-design | 2008-02-24 14:36 | 旅のこと

苔の島へ

コケ。

私の好きなもののひとつに「苔」がある。
実家に茶室があったためか、その茶室の前にひろがる日本庭園が
小さい子供ながらになんて素敵なんだと思っていた。

全体を苔に覆われ、その中に灯篭がぽつんとたち、モミジ、マンサク、どんぐりの木々に
ムラサキシキブ、センリョウ、トクサなどの植物がひっそりたたずむ。
その庭でやっぱり苔の存在が大きく、
大人になった今でも苔に対する想いはつよい。


来週、屋久島へ行くことにした。
屋久島というと屋久杉が有名だけど、私にとっては「苔」の島。
映画「もののけ姫」の森があるところ。
今、妊娠7ヶ月に入ったところで、登山はまずムリ。
でも自然の空気と苔の大地に包まれたら、それだけでパワーをもらえそうだ。
山奥はムリでも、歩ける範囲で「苔」にふれたい。

今までの旅は性格上、綿密にいろいろ決めないと不安な私だったけれど、
いたるさんはけっこう行き当たりバッタリ。
さすが世界を放浪していただけあって、というより性格の問題か、、、
宿は1日目だけ決めて、あとはむこうに行ってから決めることになった。
でも不思議と不安もないし、楽しそうだ。

わたしは潜れないけど、彼はもちろん屋久島の海へ潜る。
どんな海なのか、私も話を聞くのが楽しみだ。
わたしはその間、タイドプールでヤドカリ探しでもしていよう。

もう今から楽しみでしかたがない。
きっと旅にはしばらく出られなくなるだろうから、思いっきり楽しもう。
[PR]
by niid-design | 2008-02-06 19:32 | 旅のこと