カテゴリ:屋久島のこと( 10 )

夏だ!まつりだ!!花火だ!!!

今日はイッチの待ちに待ったお祭り。去年、ほわほわアメを食べて以来、
恋いこがれていたほわほわアメのあるお祭り。

実は今日は三人とも風邪をひいてしまい、
パパは無理無理連れてきたのだった。
わたしはなぜか昨日一睡もできず、少しでも寝ようとやっと眠りについたのが5時半すぎ。
ところが今日から夏休み。これから毎日6時半に町内放送で流れるラジオ体操で起こされる。
しかも第2まで、、、朝から第2は軽快すぎるだろう、、、
というわけで全く寝れなかったのでした。まるで遠足前のようでした。

会場につくとイッチはさっそくほわほわアメ発見!!

d0146314_23141575.jpg
めっちゃ目をキラキラさせてほわほわアメにかぶりつく。

d0146314_23145489.jpg
うわーい!ほわほわアメーーーー!!
会場中を小躍りしながら駆け回るイッチ。

でもパパの体調が思わしくなく、30分くらいで人の多さに撃沈。
会場を後にして人の少ない安房川の橋から花火を見ることにした。

すこし待っているとヒューーーーーー、ドッカーン!!!
わー、花火だぁ。きれいだねー。なんてひたってたら、いきなりイッチが「う○こ!」、、
なぜに花火が始まってから言うの??なんで?なんで?
急いで近くのモスにかけこみ、もうイッチ嫌い!!って怒ってたら、
「きらいにならないで!」と熱烈キスをされました。

d0146314_231942.jpg
しょうがない!ゆるしてあげよう(笑)

d0146314_23194799.jpg
久しぶりの家族団らん。基本人ごみ嫌いのパパ。祭りも金魚がいないとテンションだだ下がり、、、

風邪も悪化したようで、来なければよかった、、、とポツリ。

でもわたしは楽しかったなー。今回はイッチも迷子にならなかったしね。
再来週宮之浦のおまつりだ。こっちは金魚いるからね。またみんなで一緒に行こう!!
[PR]
by niid-design | 2012-07-21 23:23 | 屋久島のこと

iora 太陽と風のライブ

d0146314_231765.jpg
いい夫婦の日にmoss ocean houseにてioraさんのライブに行ってきました。

“生涯パートナーを変えない鳥”の名前を持つiora/アイオラ。
ジプシーキングスを思わせる爽快なルンバギターと
ネパールの太鼓マダールが生み出す強力なグルーヴに、
“太陽の声”桃と“風の声”周による唯一無二のツインヴォーカルが吹き抜ける。
ジャンルも場所も世代をも越えて届くメロディーと歌詞世界。
聴く人の「旅する心」を呼び覚ます独創的なiora流ジプシーサウンド。
たった二人とは思えない圧倒的なライブパフォーマンスは全国各地で話題を呼び、
今最も求められる「熱い癒し」を放つ希有なユニットである。〜HPより


窓の外ではたき火を、そして夜空には星、室内には∀KIKOさんの絵とけんたさんが飾った花、
異国情緒が漂っている中に颯爽と現れた桃さんと周さん。
その衣装のかわいさにすでにノックアウトのわたしだったけど、
桃さんの高らかな声と周さんのギター、そしてなによりそのパフォーマンスのすごさに
一気にioraの世界に引き込まれてしまいました。
次から次にでてくるあやしげな楽器や遠吠え、風の音、二人のハーモニー、
とてもふたりだけのライブには思えない多彩な音色。

今まで聴いたことのないライブなのに、すごく懐かしいような、日本じゃないみたいな。
うまく言えないけど、すごく楽しいライブでした。

しかもチケットより高いCD付き。これまたCDのジャケットがかわいい。
屋久島にちなんで、森のようなCD「Verde = 緑 = 森」がミナにプレゼント。
「野良犬ベルデ」と「金魚の見た夢」がとってもいい。

そしてライブで一番好きだった「七本足のアラーニャ」がはいった
CD「Glondrina/ゴロンドゥリーナ」を購入。
1本足の足らないクモだけど、そんなのしょーがないやって、
あるだけでいいやっていうお気楽な7本足のクモのおはなし。

こんな素敵なライブが屋久島で聴けるなんて!ありがとう!!
桃さん、周さん、また屋久島にも帰ってきてくださいね。

あー、旅にでたいよー。南米?メキシコ?インド?アラスカ?
行きたいところはたくさんある。今は無理でもいつか行けることを夢みて!!
[PR]
by niid-design | 2011-11-25 23:53 | 屋久島のこと

おいしい日々と森

昨日は満月。そして屋久島に伝わる「山の神の日」ということで、
山仕事に従事するものは山には入らずに麓で宴を開いて、
日頃の山の恵みに感謝をして過ごす日らしく、
mos oceac houseさんとLa tableさんによる宴に参加させてもらいました。

mosといったらおいしいご飯!
料理担当のゆかちゃんとLa tableのいくちゃんによるおいしいコラボ料理の数々。
なんて幸せな宴でしょう。

d0146314_0153490.jpg
さといもの何ちゃらかんちゃら、、、ごめんなさい。
メニュー表がどっかって名前がわからない、、、

もうとにかく全部おいしい!!石窯で焼いたお魚に栗と豚肉の煮物、
巻き寿司もおいしく、とってもとっても幸せでした。

d0146314_018124.jpg
最後にはデザートまで!!ヨーグルトムースのグアバソース添え。めちゃうま。

くまちゃんのミニライブ(とっても和んだ〜)に、新しく知り合えた素敵な人々。
肝心のお月様ははじめの頃だけまん丸と輝いていたけど、帰るころには雲の中でした。

d0146314_0203363.jpg
そして今日は「鎮守の森を作る会」のお手伝いをさせてもらいに行きました。

屋久島に自生している木々の種を拾い、植え、苗を育て、植樹し、森を作ろう、
守る森からつくる森へということで、
今日は森で集めた種を植えたり、1年ほど育った木々を大きめのポットに移したり、
2年〜ほどたった木々たちを森にするための実験の苗場に木を植える作業をしました。

d0146314_0262925.jpg
志戸子をでるときは大雨だったのに、南の平内はカラカラのいいお天気。
汗をかきながらスコップで苗場の土をならし、
11種類の木の子供たちをランダムに植えていきます。

屋久島の植物のことをなんでも知っている大山先生にいろいろ聞きながら、
主催の坂東さんご夫婦と一緒になって作業が進みます。
大山先生とは以前少しだけご縁があって、
一緒にお茶をしながら屋久島のことについて語ったことがありました。
そのときに思ったわたしにできること。夢のひとつがそのときに生まれました。
まだいつになるかわからないけど、一緒にできるといいですね!
そのためにはわたしももっと植物のことを勉強したい!!
やることがいっぱいだけど、屋久島のことをもっと知る時期になってきたように思います。

そして汗をかきかき作業を終えると、なんと2日連続でLa tableの出張オードブル!!

d0146314_0301971.jpg
きゃは!!うれしい!!!そしてLinnaさんのレモンケーキやクッキーまで!!!
とっても贅沢なランチですね。

d0146314_0312581.jpg
デッキにテーブルをセッティングして、みんなでいただきまーすをしました。
手前の美人さんがLa tableのいくちゃんです。

30人ほど集まる予定が結局20人くらいで、余ったお料理はお持ち帰りさせてもらいました。

その後は三線を弾いたり、ギターやウクレレまででてきて、
はたまたおもしろい人々たちとお話ができて、充実した1日でした。

それにしても2日続けていくちゃんのお料理を頂けるなんて、本当に幸せ!!
しかも、しかも、明後日の友人のパン屋さんのセレモニーパーティーでも?!うしし。
[PR]
by niid-design | 2011-10-14 00:50 | 屋久島のこと

夕陽を見にいこう

先週イッチがめすらしく40度の熱を出し、保育園を4日も休んだ。
いつも病気をすると甘えん坊になるイッチ。

保育園行かない!病が発令。
毎朝、毎朝「イッチ、保育園行かないの」と宣言され、
朝ご飯は1時間以上かけて食べる、、、やれやれ。

台風の影響が残り、ダイビングもお休み。
しょうがないので早めにお迎えに行って、
そのまま永田の浜で遊び、夕陽を見ようということになった。

d0146314_21451883.jpg
お外大好きなイッチはずっと砂浜をかけまわる。

d0146314_21455998.jpg
波と戦おうとするイッチ。

この日はハワイのようなきれいなブルーの大波が押し寄せる。
普段こないウミガメの産卵場所くらいまで波が押し寄せる。すごい!!
自然のチカラはやっぱりすごい。

d0146314_21494491.jpg
夕陽が沈むまでの時間のキラキラの海がすき。
次の日は穏やかになっていた。ゆっくり流れる時間。
わたしは大好きな貝拾いに夢中。イッチもまねして貝を拾ってくれるけど、
かなり適当に拾ったのを「ママ、きれいだよ!」と言って渡してくる。
ごめんよ、イッチ。これはママコレクションには入れられないんだよよ、、、
だんだんといい貝が集まりつつあるママコレ。そのうちお見せしよう、うしし。

d0146314_21473914.jpg
よく叱られるのにママが大好きなイッチ。

この時期の夕陽は本当にきれい。夕陽の道がずっとキラキラ、キラキラ。
沈みかける頃になるといつも薄く長い雲がいつの間にかかかっていて、
それがまた沈む瞬間になるとキラキラとオレンジに光りだす。

d0146314_2153121.jpg
完全に日が沈んでもしばらく続く赤い夕焼け。

最近毎日、パパ嫌い!と言われているそんなパパとイッチも仲良く夕陽を見ている。
最近めっきり嫌われ者のパパに、
俺もイッチと写真撮って!!!と言われてパチリ。

本当は仲良しなんだよね!!

あまりに夕陽がきれいだったから、3日連続で通ってしまった。
夕暮れといっても白い砂浜への日差しは強く、この3日で今までにないほど黒くなってしまった、、
あちゃ、、、もう気をつけないといけない年なのに、、、ま、いっか。
ひさしぶりに家族3人で過ごした3日間の夕暮れ時。こうゆう時間が大切なんだもんね。
[PR]
by niid-design | 2011-08-10 22:05 | 屋久島のこと

どいちなつさんのおにぎりと鎮守の森

今日は友人のラ・ターブルのイクちゃん企画で
「どいちなつさんとむすぶ、おむすび」のワークショップに参加してきました。

d0146314_10442337.jpgd0146314_104474.jpg
d0146314_10445462.jpgd0146314_1045580.jpg
とても天気のいい、気持ちのよい1日。
最近、こんないい天気はなかったので、本当に気持ちよかったです。

まずは海水でお米を研ぐとのことで、
モスオーシャンハウスさんの下に広がる海岸まで降りて行き、
波をよけながらのお米研ぎ。みんなビショビショになりながらも楽しくやさしくお米研ぎ。

部屋に戻って、山の湧き水でお米を浸水します。

その間に自己紹介もかねて集まったみんなひとりひとりがいろいろな想いを話してくれました。
食べることの大切さを改めて感じました。
屋久島に来てから畑をはじめ、自然の恵みやご飯のおいしさに感謝の日々です。
昔は好き嫌いがあまりに多かったし、食べれない時期もあったり。
今もまだ嫌いなものもありますが、たいぶ食の意識がかわりました。

白米には黒米を、玄米にはあずきを足して火をつけます。
炊きあがりのなんといい香り。

d0146314_10523945.jpg
炊きあがったご飯をみんなが想い思いにおむすびにしていきます。

d0146314_10534422.jpg
ラ・ターブルのやさしくておいしいオカズたち。

ちなつさんがつくってきてくれた即席お味噌汁もついて、
なんとも贅沢なご飯になりました。

マイ箸、カップ、あわん、お皿でそれぞれに好きなものをとり、みんな揃って頂きまーす!!

d0146314_10562081.jpg

あまりにおいしくって、みんな無言でもくもくと食べてました(笑)

改めておにぎりっておいしい!!
そしてイクちゃんの素材をいかしたシンプルなオカズがどれもおいしくって、
おにぎりもものすごくたくさん食べてしまいました。

どいちなつさんはとっても素朴で素敵な女性でした。
特別でなくっていいっていうのがまた素敵。
ちなつさんが話してくれたことも自分の中にとても残っています。
ゆったりといい時間が流れて、新しい出逢いもあり、
友人たちの知らない部分も知れたり、
今回のワークショップは食を通して大事なことを教わったようでした。


おにぎりのワークショップの後はモスオーシャンハウスの今村さんと
「鎮守の森をつくる会」に顔を出してきました。
森を再生することは簡単なことではないし、壊してしまった人間のエゴかもしれないけど、
わたしは今村さんにこの会の話をきいたときに、とても興味を持ちました。

そして今回代表の坂東さん夫妻にお会いして、
まずはたくさんのことを知らなくてはと思いました。

今日15日は2年前から森で拾った種からポットで芽を育て、
大きくなった苗木たちを植樹する第一回のイベントを開催しているそうです。
わたしは昨日聞いたばかりで参加はできなかったのですが、
これから少しでもなにかできたらいいなと思います。

屋久島のことをもっともっと深く知りたいと思っていたら、
自然と屋久島のことを知る人たちと知り合うことができました。
わたしはデザインを通して、
自分が知ったことをみんなに広げていけたらなーと思っています。
[PR]
by niid-design | 2011-05-15 11:17 | 屋久島のこと

久しぶりの大作!

d0146314_18105861.jpg
今日からふるさと市場とル・ガジュマルにてウミガメポストカードの販売がはじまります。

ふるさと市場ではこの棚のここを使ってもいいよとのことで、
サイズをはかって、いろいろ試行錯誤。
どうやったらみんなに見てもらえるかなど、見やすさ、取りやすさを考え、
上のボードはポストカードを飾るのではなく絵を描くことにしました。
でも今日急遽場所変更でこのボードはどうなるかと思ったけど、
なんとか無事に違う場所に設置してもらえました。よかったー。
頑張って描いたので、設置してもらえてうれしかったです!!

絵を描くのは、大学4年の個展以来、じつに12年ぶり(笑)
ずっと描きたいと画材はもっていたのだけど、なかなかじっくりと描ける時間もなく、
今まで描かずにきていたけど、描きだしたら楽しくって、楽しくって!!
昨日は夜中の2時までずっと描き続けてしまいました。

大学の専攻も油絵と版画専攻でずいぶん迷ったけど、結局木版画を選んだ。
木版画なら続けられると思っていたからだけど、やはりこちらもなかなか制作できず。

さて、今回、ウミガメのポストカードを作ることになったのは、
まずはうちのダイビングショップのゲストになにか想い出に残る何かを渡したいと思ったのと、
至さんの心に響く写真をそのままにしておくのはもったいない!と常々思っていて、
今回選びに選んで6種類のウミガメポストカードを作りました。

そして海をもともと好きなゲストだけでなく、
屋久島に来たひとにも!と考え、販売のほうも考えたのです。

屋久島は山ばかり注目されていますが、海や水辺も素晴らしいことを知ってもらいたい。
もともとSuisuiもその方向からはじめたものです。

いつまでもウミガメが泳ぎ、産卵に訪れ、
子ガメが旅立ち、また戻ってくる海を守り続けることの大切さ。
イッチが大きくなったらウミガメの監視員のボランティアもしたいし、
自分なりに勉強したり、海のことをもっと知りたいし、屋久島のことも知りたいと思う。

ウミガメ以外にもこれからいろいろ増やしていきたいと思います。

屋久島に来たときはぜひふるさと市場とル・ガジュマルに立ち寄って見てくださいね。

【おまけの制作過程】
d0146314_18255015.jpg
最初はベースになる黄色で塗って。

d0146314_1826313.jpg
次に海の色の奥に見える色をのせて。

d0146314_18284667.jpg
最後に実際に見える色で描いて完成!

最後に雨を降らせて、ウミガメを泳がせたものがふるさと市場に飾ってありますよ。
[PR]
by niid-design | 2011-05-08 18:38 | 屋久島のこと

もうすでにひとつの旅

屋久島に帰って以来、ずっと雨の日が続いている。
雨というか、どーんと曇りで、突然のザーザーっと降る屋久島の雨。

水が大好きなわたしでも雨だけはきらいだったりする。
ぬれるとすぐに風邪を引くから。
昔から傘もきらいで、カサを持たないわたしはよく熱を出していた。

屋久島のこの時季降る雨を「木の芽ながし」という。

すてきな言葉。なんだか雨もすきになれそう。

雨はきらいだけど、雨が降ったあとの土のにおいや、
森の緑たちのいきいきとしてる姿をみると幸せ。

でも、でも、やっぱり晴れだとうれしい!!先月25日、2週間ぶりに快晴!!
思わずいたるさんとイッチと車に乗り込んで出発進行!!

志戸子から永田方面へ。ときどき車をとめてはいたるさんが風景撮影。

西部林道ではおさるさんたちの群れが道の真ん中の日向でみんなでのみとり。
車をそっと降りて、いたるさんは気配を消してカメラを構える。イッチは車で熟睡中。
わたしも車を降り、さるたちと同じように少し離れたところでひなたぼっこを楽しんでいると、
3匹のさるがゆっくり近づいてきて1mもないところでゴロンと寝転んだ。
なんて微笑ましい、、、遠くにはちっちゃいのもいた。

d0146314_20413250.jpg
森が大好きなイッチ。

前なら少し歩くとすぐ抱っこと言っていたのに、スタスタと自分で進んでいく。
登りがきつくても、急な岩場でも、ちゃんと自分で考えて乗り越えていく。

あー、もうこんなに成長してるんだね、、、すごいな、イッチ。

途中、いたるさんがシカのふんを指して一言。

いたる「チョコボール!」    ママ「、、、」    イッチ「チョコボール!!!!」

ママ「ダメぇぇぇー!!!さわらないで!!!」

以前猫のかりかりのフンをもって笑顔で「かりんとう!」といったイチロ。
信じちゃうからやめてよね、パパ!

その後、大川の滝の下の浜辺でゆっくりゆっくり過ごす。
ここは山と空に囲まれた素敵な浜だ。寝転がって空を見上げるとほんと包まれてる。
波の音が心地よい。目をつぶって、波の音に揺られているとイッチがいない!
すごーく遠くの大きな岩を登っていた、、、危ない、危ない、、、

d0146314_20521482.jpg
いろんな岩をスタスタ登るイッチ。腕の力が強く、ぐいっと登っていく。
ロッククライマーになれるんじゃないの??ってくらい(笑)よし、世界を目指すか!!

その後、栗生のタイドプールでサンゴ拾いとひたすらウニの殻探し。5つゲット。やった!
しかもここのウニ殻はすごくきれい。
イッチはアメフラシは触れるのに、ウニの殻は怖いらしい、、、その基準はなんだろう。

d0146314_20561177.jpg
屋久島を1周する間、右を見れば海、左には山と晴れているとほんとうに気持ちがいい。
いつか自転車で1周してみたい。だめか、体力も根性もないから。

途中、夕日に染まる美しいモッチョム岳を見て、新婚旅行で見た同じ景色を思い出す。
あー、おんなじだ。ほんときれいだ。

島すべてがほんとうに美しい島だとあらためて思う。
島1周にでるのはなかなかなく、住んで居ながらもうすでにひとつの旅のよう。
今度はイッチを連れて、あの白谷を歩こうか。今度はお腹の中ではなく、3人一緒に、あの苔の森へ。
[PR]
by niid-design | 2011-03-02 21:10 | 屋久島のこと

キャンドルナイト

昨日の夜、カミナリもないのに突然の停電。
夜の10時頃だったので、パソコンや電気類が、いっきにバチン!と真っ暗に。

屋久島はカミナリでよく停電になるので、もう慣れっこ。
ちゃんと用意された停電用のろうそくやアロマキャンドルに火を灯す。

夜、長時間の停電は屋久島に来てからははじめてのこと。
おもわぬキャンドルナイトになった。

d0146314_2029040.jpg
イッチは火のともったキャンドルにすごくうれしそう。

いろんなところに1つずつ置いてみる。
思いのほか、きれいだ。ゆらゆら揺れる火を見ているのは楽しい。

d0146314_2031646.jpg
さっきまで寝そうだったのに、火をつけたらトタンに目が輝いているイッチ。

d0146314_2032863.jpg
停電してから30分ほど大興奮で火の回りとぐるぐるとまわり続けていた。

火が好きなのはパパの遺伝子か!父とおもしろいくらい同じ行動をする最近のイッチ。

奥の方では我が家の神棚からジッとみつめる獅子とうさぎ。

d0146314_20341594.jpg
良い感じに照らされてます(笑)

イッチはもっと小さい頃、獅子(バウバウ)が怖くって、近づくことができなかった。
悪いことをするとこの獅子を持ってきて「バウバウ!!」って大声で怒っていたわたし。
バウバウが来るよ!ってのがもっぱらのしかり文句だったのに、最近では余裕のイッチ。

今怖いのは鬼さんとシャチさんだ。

停電は夜中に一度復旧したけど朝にはまたダウン、、、冬の薄暗い家の中で、
このまま戻らない?なんて心配してた午後4時頃、パッと電気がついた。

朝、宮之浦へ行ってみたらやはりこちらも停電中。
島には数少ない信号機には警察の人が来て指示をしていたけど、そんなにないからいつも通りの道。

そしてなぜか非常食にと買ってしまった冷凍うどん(5パック入り)。
冷蔵庫、使えないのに、、、なぜ買ってしまったんだろう、、、パパには散々バカにされ、、、
でも冷凍庫のものもなんとか大丈夫だったようで一安心。

突然の停電だったけど、
珈琲を飲みながらゆったりとした時間を過ごした。こんな夜も案外いいね。
[PR]
by niid-design | 2010-12-13 20:55 | 屋久島のこと

いとしのペリカン急須

それを見た瞬間ひとめぼれ。もうだいぶ前から狙ってました、山下さん。

窯から出てくる日を待ち望み、ついに我が家に来たペリカンくん。

d0146314_1111844.jpg
す、素敵すぎる。そして見るたびいとしさが増す。

前に埴生窯(阿多良窯)の山下さんのおうちにおじゃましたときに、
さりげなく使っていたペリカン急須。

「こんなのあったんですかーーーー!!」

なんでも数年前に作っていたもので、復刻を望む声が多く、
今回の個展に合わせ、いくつか作るよ!と教えて頂いた。
なんども足を運び、その作られる過程を見ていく。
あぁ、なんてかわいいんだ、きみたちは。

もうすでにこのときから買うことを心に決めていたのでした(笑)

d0146314_1175411.jpg
山下さんの窯は火の場所や強さ、温度の上がり具合で、みな模様や色や表情が変わる。
個展に出て行ってしまうと残りも数が少なくなってしまうので、
個展準備でお忙しい中、ひっそりとうかがわせてもらって、わたしのコレってのを選ばせてもらった。

見る角度でもだいぶ表情が違う。ひとつひとつ手に取り、前から、横から、下からと見る。
ぷっくり小さいのや、くちばしが大きいもの、細長いもの、ほんとおもしろいくらいいろいろ。
そして選びに選んでこのペリカンくんを。

毎朝、毎晩、活躍中。番茶も紅茶も珈琲も、なにを飲んでも素敵です。

※こんな寒いのにいまだに家の中ではハダカで遊ぶイチロです、、、

山下さんの個展
山下 正行  『屋久島より-甦』 展 
2010年11月24日(水)~11月28日(日)
広尾のギャラリー旬にて
[PR]
by niid-design | 2010-11-22 11:27 | 屋久島のこと

ここはどこ?

d0146314_10545265.jpg
さて、ここはどこでしょうか、、、

いよいよ疲れもピークに。そしていたるさんとのケンカも増えてますよ、、、
イッチは毎日30回以上家から逃亡。
ゲストの送迎で海へ行けば、車から降りると海へまっしぐら。
いっこうに帰ってこないうえ、服のまま海でジャバジャバ。

はい。疲れました、、、ほんと。

というわけで、久しぶりに半日お休みがとれたので、
いたるさんと安房の「きらんくや」にお蕎麦を食べに行ってきました。
イッチもいたのでお座敷に。
木のいい香りのお座敷でクーラーの中、いたるさんはすぐにゴロン。

クーラー、やっぱり気持ちいいですね。

お蕎麦を食べて、友人のうちで子猫を見せてもらい、
そしてその帰り道、いたるさんが前からわたしたちを連れて行きたかった場所へ。

d0146314_112499.jpg
あ、ここの道まがってと言われ進んでいく。えっと獣道ですけど、進むんですか?

そんな細道をガタンゴトンと進んでいく。ちょっとした広場にでて車を置いて、
山道を歩いて下っていくと、どこからともなくゴーっとすごい音。
「ひこうーき!!」と三人で上を見上げる。
すぐ真上を見たことないくらい近くを飛行機がよぎる。
3人とも大興奮!!わー。すごーい。

そして森を抜けると目の間に広がる赤茶の岩壁。

「ここはどこ?」

屋久島にこんな場所があるなんて!すごく不思議な場所だった。
岩場は一歩間違えれば海へ落下の絶壁。
前日に落ちる夢を見たわたしはなんだか怖くってなかなか下へ降りられない。
いたるさんはイッチを担いでヒョイヒョイっと行ってしまう。

岩場の上で気持ち良いほどの景色を眺め、久しぶりの休日を楽しんだ。
目の前は種子島がなんの障害もなく見渡せる。
今日のロケット発射、ここから見たらすごいだろうな。
でも夜は絶対行けない場所ですね。

すごい場所だけど、もしかしたら二度と来なかったりして(笑)
[PR]
by niid-design | 2010-09-11 11:17 | 屋久島のこと