カテゴリ:アートのこと( 4 )

こどもの創造力

d0146314_17381126.jpgd0146314_17383377.jpgd0146314_17384452.jpg
今日は育児サークル「大きな森」の日。我が家に集合してみんなで「ぬらし絵」をした。

昔、造形教室やボランティアで絵を教えていたことがあって、
久しぶりのこどもお絵描き教室となった。

今まで教えたことのない2、3才という子供たち。
どうなることかと思ったけど、想像以上に子供たちは描くことに集中し、
思い思いに楽しんだり、真剣に色と向き合っていた。

いつも感じることだけど、こどもの創造力ってほんとうにすごい。
大人はまず紙を前にいろいろと考えてしまうけど、
子供は純粋だからなにも考えずさっと筆を置いて行く。
それでもその子の性格がでるので、見ていて本当におもしろい。

コウヘイは少し慎重に小さな丸い固まりで形を描いて行く。
げんちゃんは思いっきりがよく、迷いがない。
大ちゃんもひとつひとつの大きな円をいくつも重ねていく。
フウちゃんはダイナミックに筆を置く。

みんなそれぞれで、みんないい絵。

まだ2才なので、永遠に続きそうな子にはひとこと、
「これが最後の色だよ!」と声をかけてあげて、
その色を描ききったら「すごい!完成だね!」と言ってあげると満足して終わる。

子供はいつまでも描いていたいから、ぬらし絵の場合、ずっとぐるぐるしているうちに、
すべての色が混ざったり、紙がボロボロになってしまうので注意が必要。
途中で無理矢理終わらせてしまうと、その子の思いが止まってしまうから。

なにはともあれ、第1回のぬらし絵は子供も大人もすごく楽しんでできた。

d0146314_17595410.jpg
みんないい絵が描けたね!ハイ、ポーズ。

ぬらし絵は、にじんだ絵の具のいろといろの重なりや乾いたときの印象の違いなど、
大人がやってもおもしろいのだ。

子供には情緒や想像力を豊かにする効果があるけど、
大人にとっても心を和らげたり、普段の考えてしまう頭をやわらかくしてくれる。

うちでもいたるさんがいきなり俺も描く!と言って、ちょっとハマっていた(笑)
大人はどうしても形にこだわったり、描く前に何を描こうか考えすぎたり、形が固いけど、
だんだんと白い用紙が色に染まってくると、そんなことどうでもよくなって、
自然体で描いている自分が出てくる。

子供は続けていくことで様々な形や色の変化があり、大人の絵もまた柔軟に変化していく。
「大きな森」でまた開催したいなー。今度はイッチも保育園を休ませて参加させよう。

次回は22日に安房の健康の森で麓書店のおーちゃんのお話会があります。
興味のある方はぜひ参加してください!10時からです。
[PR]
by niid-design | 2011-06-17 18:18 | アートのこと

ものづくりの楽しさ

くんせい屋のけいちゃんのお店がオープンしたので、
なにかできることはないかと考えTシャツと旗とつくることにした。

学生のころは美術科の版画研究室だったのでシルクスクリーン使いたい放題!
よく夜中にせっせと作品を作っては友人の雑貨屋さんで販売をしていた。

今は版をつくる感光器も材料もないので、昔にもどってステンシルでやることにした。

d0146314_084181.jpg
切り絵のようにつなげたデザインにしないといけないから難しい

d0146314_0103794.jpg
くんせいTシャツ完成!!

ついでにイチロにも作った。表に「くんせい」とはいったかっこいいタンクトップだ。
イチロがこれまたくんせいシャツが超似合う!!

なぜかいたるさんが「おれもそれ欲しい!!」と言って、急遽もう1枚作成。
そしてなぜかいたく気に入ったみたいで2日おきに着用。



そして最近仲の良い近所のおっちゃんが志戸子で趣味工房と題して
屋久杉のキーホルダーやサンゴ盆栽、一輪挿しなどなど作って売っている。
志戸子のガジュマル園に来るお客さんがときどき寄ってくれるけど、
どこかに卸すわけでもなくぜんぜん商売っ化がない、、、、、

この前おっちゃんに飲み会に誘われ、作ってるものを見せてもらったらなんとも言えずかわいいのだ。
「かわいい~」とほめていたらわたしとイチロに1つずつプレゼントしてくれた!!
わたしは太鼓をイメージした丸のやつでイチロはクリオネ。

そんなこんなでいろんな話しをしていて、
屋久島では組紐が高いしなかなか手に入らないということだった。
で、作ってくれないか?って頼まれた。
おっちゃんにはいろいろ他にももらってるし、よし頑張るか!!

d0146314_0202986.jpg
キーホルダーにつける組紐をせっせと編む

始めはちょっと大変かな~と思っていたけど、めっちゃ楽しくなってきた!!
なにげに淡々とした作業が好きなわたし。
音楽を聴きながらせっせと編むこと50本。いや~、もっと編みたいな。

d0146314_0223838.jpg
ゆ、ゆるい、、、ゆるすぎるおっちゃんのキーホルダー

ちょっともらったやつにつけてみる。やーん、かわいい!!!すてき!!!(自画自賛、、、)
なぜに屋久島でクリオネなのか不明だけど、このゆるキャラがすごくいいんです。
わたしの太鼓の丸もなんともいえない形でかわいい。
ニスが塗ってないほうはちゃんと屋久杉の香りがします。
他にも四角や三岳(屋久島で有名な焼酎)の形やねずみとかもいる。

とにかくぜんぶゆるいです、、、最高です、、、、、
観光センターにおいてあるやつよりも素朴でかわいいので、観光客の方にもっと知ってもらいたいな。

そんなこんなで毎日が忙しすぎる、、、そして暑い、、、クーラーほじぃぃ、、、、、
こんなことやる前に青色申告の勉強しなくては、、、、、

でもものづくりってなんでこんなに楽しんだろう。わたしも何かはじめよう!!
[PR]
by niid-design | 2009-07-16 00:35 | アートのこと

トリエンナーレと寝返り

d0146314_20262560.jpgd0146314_20263711.jpg

横浜のトリエンナーレに行ってきました。
トリエンナーレは3年に1回のアートの祭典のようなもの。
学生のとき以来なので、実に9年ぶり(昔すぎてビックリだ)、、、

たまたま新日曜美術館(NHK)を見ていたら特集されていて、「くまとねずみのフィルム」が気になった。
しかも建物の設計を西沢立衛さんがしていたし、どーしてもいきたくなってしまった。
いたるさんは乗り気じゃなかったけど、、、チケット代が高いし。
チケットは2日間で¥1,800。わたしたちは今回1日しか見れない。
学生のときは確か¥1,200でいろいろまわれたから安いと思っていたけどな、、、

今回はイチロさんもいるので、メイン会場と赤レンガと大桟橋へ。

作品は9年前のほうがおもしろかった。今回は、、、、、。
でも思ってた通り、「くまとねずみ」はよかった。
すごく文化的に貴重な建物の中で、くま(パンダにしか見えないけど)とねずみが
つるつるの床をシャーって走ってきてすべったり、
大きいくまとねずみに追いかけられたり、
宙吊りになったくまとねずみがゆらゆら回ってる不思議な映像がずっと繰り返される。
いたるさんもこれだけは気に入ったようで、地べたにすわってゆっくり鑑賞。
それから次のホールへいったら、そのくまとねずみがグーグー寝てた。
超かわいい、、、お腹が動いていて本当に寝てるみたい。
すっごくゆるい感じがなんともいえない。

他には「見ざる、聞かざる、言わざる」の大きな写真もよかった。
気になっていた三渓園の霧の作品は見れなくて残念。



d0146314_20452258.jpgd0146314_20453610.jpgd0146314_20454578.jpg

その後、大桟橋へ散歩。ここに来るのも本当に久しぶり。
大桟橋は国際デザインコンペで選ばれた、イギリス在住の建築家、
アレハンドロ・ザエラ・ポロ氏とファッシド・ムサヴィ氏の作品。
すべてが木の板で覆われ、曲線をふんだんに使ったフォルムが感動もの。
ボードウォークと芝で構成され、人にも優しいデザインだ。

少し斜めになった芝生で夕日を眺めていると、
なんとイチロさんがいつもの横向きからさらにコッテんした!!わー、寝返りだ!!!
初寝返り成功の瞬間だった(ちょっと斜めなのは置いといて、、)。
二人してわーわー言いながらムービーで撮影。
「いっちゃん、すごーい!!」
そのまま夕日を撮っている間に、イチロさんがさらに1回転してしまい、頭をゴチン!
得意げに満面の笑顔が一転、超しぶい顔に。ふふ、でもすごい!!

そんなこんなで大桟橋が一番楽しかった1日でした。

そして本日、イチロ、ずるなしでちゃんと寝返りをしました。
ふんふん言いながら頑張って、最後の関門を突破し、成功!!!
すごいね、イチロ。母は感動しまくりでした。
子供の力はすごい。日々成長です。そして私も日々成長ですね。
[PR]
by niid-design | 2008-10-25 21:00 | アートのこと

アートにふれる

川内倫子さんの写真展が見たくて、ヴァンジ彫刻庭園美術館へいってきました。

写真展がやってると気が付いたのが、最終日3日前。
いたるさんの次のお休みまでには終わってしまう。

月曜の朝、やっぱり見たくて、一路と電車バスに乗ってお出かけです。

d0146314_152551100.jpgd0146314_1526040.jpg


写真展はすでに写真集になっているものの中からの展示だったけど、
やっぱり写真集で見るよりずっといい。
とくにコンクリートの壁の色と川内さんの淡い写真の感じがマッチしていて、
さらに美術館にさしこむ光とか、
静かにゆったりと流れる時間の中で鑑賞することで
なんだかとっても心に響きました。

一路は美術館でも静かでいい子にしてました。
それどころか緑いっぱいの庭園に出て歩いていると、とってもうれしそう。

一路は緑がすきみたい。

そういえば、なぜか美術館の中にカエルが1匹、、、
迷い込んでしまったようで、しょうがないので手でそっとつかんで庭の池に放してあげました。
とってもかわいいカエルでした。

d0146314_15313793.jpgd0146314_15314697.jpg


美術館は本当に楽しくて、一路にミルクをあげながらお茶したり、
けっこう赤ちゃんがいてもなんでもできるんだなーとか思っちゃいました。

ただ大変だったのは行き帰り、、、
伊豆長岡駅までの道はベビーカーではけっこう危ない道だし、
三島駅は箱根鉄道から新幹線側の改札までそのままいけなくて、
いったん外へ出てなぜかJRの入場券を買ってくださいと言われ、、、140円も。
しかも新幹線側の改札へいくのにエレベーターがなく、ベビーカーを担ぐはめに。
ぜんぜんやさしくない駅だ!!!
でもクレマチスの丘へは無料シャトルバスが出ていて、
庭園美術館もビュフェ美術館もカフェもレストランもすごーくよかったです。



おまけ・・・・・
d0146314_15394084.jpgd0146314_15395153.jpg

最近一路は半ぶん寝返りができるようになりました。
自分の手ってわかったみたいで、欲しいものをとりにきたり、
お話もとっても上手になって、一日一日どんどん成長しています。
本当にすごいなーと毎日が感動の日々です。
[PR]
by niid-design | 2008-09-11 15:48 | アートのこと