カテゴリ:海のはなし( 11 )

海の写真展 はじまりました。

d0146314_21438100.jpg
前回お知らせした「屋久島 海の写真展」が昨日から始まりました。

昨日は友人のとくちゃんとイッチを引き連れて、至さんの写真展を見てきました。
世界遺産センターの会議室の壁を使って、20点ほど展示してあります。

前日には飾る場所の指定と写真を額に入れる作業などをして、
展示はスタッフの方におまかせしましたが、とてもきれいに展示してくれてありました。

写真には至さんによる撮影時のおはなしや想いが書かれていて、
写真を見ながら読むとおもしろいです。

入口にはA1サイズの大きなコブシメの写真があって、とても迫力があります。
右奥には同時開催のウミガメ展にあわせてアカウミガメの写真を。
左の壁には屋久島の海の素敵な写真が11点ほど。

d0146314_2111834.jpg
わたしの好きなマダラエイとスギの写真(写真右端)。
「真夏の静寂」と題したこの写真は夏の暑い日の早朝に、
いたるさんがスノーケリングをしていて撮影した1枚。
エイと小さなサメが美しい砂紋の砂地の中泳いでいく様を、
朝の柔らかな光が差し込んでいて、とても幻想的な写真です。

コメントを読みながらゆっくりと写真を見て回りました。
普段はパソコンの画面で写真を眺めるだけなので、こうやってゆっくり写真をみるのもいいですね。

昨日は写真を見たという方からいたるさんに電話があり、
告知ポスターにも使用した珊瑚の写真がすごく素敵で、写真集はでていないのか?
ポストカードはあるのか?など、すごくうれしい電話を頂きました。
ポストカードはないと話したところ、この告知ポスターでもいいので欲しいと。
友人のKくんにもこの写真欲しいなーと言ってもらえました。

どうもありがとうございます!!本当にうれしいですね。
たぶんポストカードは近いうちに何種類か増やしたいなーと思ってます。

至さんの本格的な個展も来年を目指して、
そして写真集も早く形にできるように頑張ります。
もちろん写真集のデザインはわたしがしたいなーと思ってます。

8月27日(土)まで開催しているので、屋久島に住んでいる方もぜひ見に行ってくださいね。
[PR]
by niid-design | 2011-07-17 21:33 | 海のはなし

海の写真展

d0146314_22505946.jpg
いろいろ忙しくて告知を忘れるところでした、、、

今週末から屋久島世界遺産センターで「屋久島 海の写真展」が開催されます。

至さんが毎日毎日潜って撮り続けている屋久島の海の写真。
わたしはなかなか潜ることができないけど、
毎日撮ってくるその海の写真を見るだけで、海の中にいるような気分を味わえます。

今年予定していた写真展がいろいろな理由で延期することになり、
わたしとしてはとてもガッカリしていたのですが、
今回、世界遺産センターさんより特別展で海の写真展をやりませんか!とのお誘いを頂き、
実現しました。本当に本当にありがとうございました!!

なかなか見ることのできない海の世界を、
ダイビングをしない人にもぜひ見てほしいと思います。

いつも写真選びでは、わたしと至さんの好みが違うので若干ケンカになります、、、
でも今回は完全にいたるさんの選択。
わたしは至さんの撮る、キラキラやほんわか系が好きだけど、
至さんはガッツリ生態系や海のそのままを映し出したのが好き(たぶん)。

今回はいろいろな人が見て、屋久島の海がわかるものを選んだみたいです。

広告用のポスターと展示のキャプションはわたしが作成しましたー。
嫁の仕事ですからね!スーパーやお土産屋さんなどに貼ってあります。
ぜひご都合のよいときに足をお運びください。


「屋久島 海の写真展」
2011.7.16(土)〜8.27(土)屋久島世界遺産センター 会期中無休 
9:00〜17:00(最終入館16:30)入場無料
主催:屋久島世界遺産センター 協力:(財)屋久島文化村センター
写真提供:高久 至(屋久島ダイビングライフ)
[PR]
by niid-design | 2011-07-11 23:19 | 海のはなし

夏!海!

d0146314_22193038.jpg
いつもより早い梅雨明け。そして夏へ!!

暑い、晴れ、通り雨、雷、虹、、、海!!

梅雨があけたら、いい天気とブルーの海がわたしを誘ってます。
思わず屋久島に来て2回(少な!)目のダイビングをしました。
ほぼ前回から1年ぶり、、、耳が抜けません、、、撃沈です。
でも浅場ではイカの子供たちが戯れ、小魚たちもきらきらと。
あー、それだけで楽しい!!

陸にあがったとたん、すんなり耳抜きできました。また潜りたい!!

そして最近の日課は保育園にお迎えにいった後、
イッチとふたりでみる夕陽。
3日に1回くらいいなか浜で日が沈むまでイッチと遊んでいます。
本当に本当にきれいで、いつも泣きそうに。

d0146314_22281736.jpg
話はかわって、昨日までいたるさんが前に働いていた伊豆大瀬崎の
はまゆうマリンサービスの店長さんが、ツアーを組んで遊びに来てくれました。
いたるさんにはうれしいみんなとの再会です。
なかにはいたるさんがライセンス講習をしてみごとヤドカリにはまったかわいい女の子たちも!
わたしも久しぶりにヤドカリの話で盛り上がってしまいました。
こんなにヤドカリ話ができるのは、いたるさん以来(笑)

あとツアーのメンバーのひとりが屋久島でちょうど100本を迎えるとのこと!
それはめでたい!!ということで久しぶりの祝フラッグ作り。
ひとつひとつ心をこめて、、、女の子なのでかわいく作りました。

ゆかちゃん、100本おめでとう!!また遊びに来てねー。

最終日、飛行場まで見送りに行ったけど間に合わず、、
みんなはもう飛行機に乗り込んでいて、
送迎で来ていた田中家とともに飛行機が飛び立つまで窓のところで手を振っていた。
見えていたかな??もっとみんなとゆっくり話したかったなー。
またぜひ来年も来てください!!

そうそう、ついでにイッチの夏用のタコさんランニングも作ったんだった。
イッチ、ものすごくお気に入りです。
そしたらやっぱりいたるさんも「俺のTシャツは??」と言われ、
シイラTシャツまで作ることに、、、あのー、わたし、とってもとっても忙しいんだけどな。

てな感じで寝不足気味、、、今日くらいは早く寝よう!!ってもうこんな時間!
[PR]
by niid-design | 2011-07-04 22:50 | 海のはなし

イルカに乗った少年

d0146314_9502086.jpg
イルカに乗った少年、、、、ならぬ、ママに乗ったイチロ。

正直泳ぎは大の苦手。
小学校のときに短期でスイミングスクールに通ったけど、
あんまり上達した記憶はない。

平泳ぎはまぁまぁ泳げるけど、クロールにいたっては息継ぎができていない。
なぜできないかはなんとなくわかっていて、きっとバタ足ができないからではないだろうか。
バタバタしても水しぶきがたたないし、、、

だから、いまだに浮き輪とか浮くものがないとちょっと怖い、、、

でも屋久島に来て、夏の間毎日海でイチロと遊んでいるうちに、なんだか泳ぎが上達してる!?

d0146314_9585175.jpg
ちょっと泳げるようになったので、体験ダイビングをする海へ行ってみることにした。
しかも久しぶりにフィンをつけて泳いだら、さらにスイスイ。
フィンってやっぱりすごいんだなぁ。毎日クロックスで泳いでいたからぜんぜん違って楽しい!!

遠浅のきれいなわたしの大好きな海。わたしの好きな干潮時を狙って泳ぎに行く。
海が浅いと魚たちと戯れることができるのだ。

昨日わたしのすきなオヤビッチャの群れが浅場の光の中きらきらと泳いでいた。
すごくきれいで、なんともいえないひととき。

今日は夕方パパも帰ってきたから海に誘い、はじめて3人で一緒に海で遊ぶことができた。
イッチはパパにまかせ、久しぶりに一人で泳いでみる。
オヤビッチャの300匹くらいの群れの中をひとりで泳ぐ。気持ちいぃーーー。

でもイッチはママが離れると「ママ、ママ」とわたしに向かって頑張って足をバタつかせ泳いでくる。

そしてわたしの上にのり、楽チンをしようとするのだ。
イッチはイルカに乗った少年みたい。めちゃくちゃ楽しそう。
いつもはわたしは海につかっていてイチロの様子がわからなかったけど、
パパが写真を撮っていて、後でみてみると、ものすごく楽しそうだった。

でもママは正直大変、、、沈みかけで泳がないといけないから。
でもイッチが楽しいならいっか。

d0146314_10223025.jpg
海が大好きなイッチ。今は海をぷかぷか、バシャバシャ。
早く海の中を見せてあげたいなー。こんなきれいな世界がひろがっていることを。

イッチもだいぶ泳ぎが上手になってきたみたい。
いつになったら一緒に潜れる日が来るんだろうな。意外とあっという間にきたりして(笑)
[PR]
by niid-design | 2010-09-13 10:38 | 海のはなし

ダイビング日和!!

毎日毎日引越しの準備に追われ、身体がなんか疲れ気味。
ペンキを塗ったり、棚を作ったり、木を切ったり、雑巾がけしたり、、、

さて、今日もペンキを朝から塗ろうとはりきってるところへ1本の電話が。
友人の和蔵一家からなんとダイビングのお誘い。
今日は久しぶりに朝から天気がよく、これはダイビング日和だ!ってことで、
和蔵一家と子供をお互いに預けあって順番で潜ることに。

やったー!海だー!ダイビングだーーーー!!
なんと前回のダイビングからすでに2年8ヶ月ぶり。
超ブランクダイバーですよ、、、セッティングも忘れてますよ、、、
あーーーーー、でもワクワクする!!

お昼に和蔵一家が到着して、海水浴場でイチロを預け、先にわたしたちが潜る。

潜るポイントについて、着替え、セッティング。
あのー、これ、どうやるんでしたっけ??
えー、フィンがはけません、、、
あー、耳抜きができません、、、
うー、ぜんぜん沈まないんですけど、、、

完全にブランク超えて、た、体験レベル!?あうー、いたるさん、ごめんなさい。

でもちょっと耳抜きができて、ちょっと落ち着いてあたりを見渡すと、世界がぜんぜん違うことに気づく。
伊豆でしか潜ったことがないわたしには本当に別世界が広がっていた。
海はキラキラ、サンゴの形や色、様々な魚がいっぱい、何を見ても楽しい!!

d0146314_23461750.jpg
チリン、チリンといたるさんの呼び鈴の音で指さす方向を見るとそこにはアオウミガメが。

ゆっくり舞うように自分の上を泳いでいる。下から見上げるキラキラの水面にカメの泳ぐ姿。
あー、なんて気持ちのいい海なんだろう。素敵だ。
カメは水面にでて呼吸をし、また自分の近くをすーっと泳ぎ去っていった。

見る魚はぜんぜん伊豆のときとは違い、風景が違うせいか、久しぶりに潜るせいか、
すべてがキラキラ、ふわふわしてて笑いがこみ上げる。
(でもそんな中でも耳抜きに必死、、、マスクはすぐにずれるし、、、)

魚の数も圧倒的に多く、サンゴのまわりにわたしの好きなパンダ(フタスジリュウキュウスズメダイ)、
クマノミがイソギンチャクと戯れ、穴からはカンザシヤドカリが顔を出す。
ジョーフィッシュは威勢のいい子やおどおどした子が巣穴のフタをとるとひょっこり顔をだし、
上を見上げればキビナゴのすごい群れがキラキラ、キラキラ通り過ぎる。

d0146314_23592736.jpg
わたしが1番見たかったパンダダルマハゼ。
いたるさんの写真を見て思っていたより、はるかに小さくってかわいい。水中で見て3cmくらい。
サンゴの隙間を覗くと、そのキュートな緑の眼でこちらを見ている。
か、かわいい。かわいすぎる。こいつが今回のナンバー1だ!!!

やっぱりダイビングは楽しい。今回は久しぶりすぎてちょっと余裕がなかったけど、、、
いたるさんは大変だっただろう。こんなブランクダイバーの相手はしたくないだろうな。
今日はどうもありがとうー。

イッチは大人しく元浦海岸で丸裸で遊んでいた。
交代でコウヘイを預かって、和蔵夫婦が海へ。その間わたしたちは布引の滝公園でまったり。

その後、いたるさんと俊三はまた潜りに行って、
疲れ果て眠ってしまった子供たちを布団へ運び、夕食の準備。
そして宴。いい1日だったな。もうまたすぐ潜りたい!!今度はいつ潜れることやら、、、

あー、明日は朝からペンキ塗りしなくっちゃ。
[PR]
by niid-design | 2010-04-07 00:20 | 海のはなし

ウミガメの孵化

忙しい夏が終わり、もうあっという間に9月になってしまった。
今日は前から見たいと思っていたウミガメの孵化を見にいなか浜まで行く。

前もって注意しなくてはいけないことなどネットで調べ、
浜の管理棟にいるボランティアの男の人に注意などを聞いた。
ライトはどうしたらいいですか?と尋ねると、
「子ガメを踏んでしまうと困るのである程度はつけて歩いていいですよ。」と。

浜を小さく照らしながらゆっくり気をつけてあるいていく。
でもぜんぜん子ガメの気配はしない、、、

今日は満月だったけど雲に隠れてしまって浜は暗かった。
踏み潰さないよう、砂を固めないよう注意してしばらく歩いていた。
雨がぽつぽつ降り始め、いったんあきらめて車に戻る。
イチロは車の中でぐっすり寝ている。
雨がやんだのでもう少しだけ浜を歩いてみることにした。

そしたらなんか黒い小さなものがわさわさ動いているのがわかった。
わー!!すごい、いっぱいいる!!!
小さな子ガメたちがいっせいに海に向かってまっしぐら。
すごい!すごい!!50匹くらいいただろうか。

生まれてすぐ海へ向かう子ガメたち。自然ってすごいね。
ウミガメはメキシコまで旅をして、また日本に戻ってくると先週テレビでみた。
カメは生まれてすぐから旅にでるのだ。すごい生き物だね。

皆、一生懸命砂まみれで歩いて、次々に波にさらわれて海へ。
その必死さとかわいさに感動する。
「いってらっしゃい。元気に頑張るんだよ。」と見送った。

d0146314_1265510.jpg
この写真は先月漁港に迷いこんでしまった子ガメを至さんが撮影したもの



今回ウミガメの孵化を観察して、いろいろ思ったこと。
近年ウミガメの産卵や孵化を見に来る人が増え、問題があることは知っていた。
うみがめ館の注意事項もしっかり読んだし、最新の注意を払っていたけど、
やっぱりわたしたちが思ってるより、カメたちには影響を与えてしまうのだろうか、、、
わたしたちが砂浜を歩くことで砂が踏み固められしまうかもしれない、、
ボランティアスタッフの巡回だってもしかしたらよくないのかもしれない、、
そうゆうことはきりがない。すでに人間の手によって保護しなければいけない状態だろうし、
でも自然とは違う、、漁港に迷い込んだカメたちも結局はバケツですくって海へ放流したそうだけど、
それも人間のエゴなのかな、、、

はじめ、浜にいたボランティアスタッフにライトについて注意を受けた。
子ガメは光に敏感でライトのほうへ集まってしまう習性があり、海へたどりつけないことがある。
子ガメを踏まないようライトをつけて歩いていたのだけど、目が慣れたら早めに消すほうがいい。
わたしは夜目が異常に見えないので、ライトなしで歩くために30分以上駐車場で待った。
もし皆さんが自分たちで観察へ行くなら、しっかり勉強してから行くことをオススメします!!


追記:
今回非常に悲しかったのは浜にいた女性のボランティアスタッフの言い方である。
ボランティアの人をえらいと思うし、カメを守りたい気持ちは皆同じだと思う。
動物園のスタッフさんらしいけど、あんな自分の言うことが1番だ!
というような態度は怒りよりも悲しい気持ちになった。言い方次第でだいぶ違うのに。
ボランティアさんだからこそ、その辺はもう少し考えて欲しいと思った。
でも子ガメたちの旅立ちを見て、より自然について深く考えてみようと思った夜でした。
[PR]
by niid-design | 2009-09-06 01:39 | 海のはなし

泳げなくても、、、いいんだ。

わたしはぜんぜん泳げない。
だからダイビングもしたい、したいと思いながら無理だと思ってた。
体験ダイビングはほぼ地底をはっていたので泳ぎとはまったく関係なかったし
(それよりも目の前を泳ぐ魚と水の世界に夢中だった!!)、
さすがにOWをとる前にはプールにかよって監視員のおにいさんに
いくらでも泳げるという「ドル平泳ぎ」なるものを教えてもらった。
だからか、わたしは潜っていると特徴的な泳ぎをするらしい、、、
自分では気が付かないけど、潜っている仲間によく言われた。



d0146314_22234866.jpg
おとといも行った浅瀬の汽水域でイチロと遊ぶ

今日もイチロと海へいった。雨、雨と天気予報はいっていたのに、
またしても午後からすごく晴れたからいたるさんを無理やり引きつれ海へ。

イチロは本当に海が好きで、さっそく水に入りバシャバシャと遊ぶ。
わたしはひとりで浅瀬を手で這うように泳ぐ。気持ちがいい!!!
水に耳をつけ、空を見あげ、ぷかぷか浮いていた。
そしたらイチロもこちらに来たいみたいで、一緒にぷかぷか、ぷかぷか。

d0146314_22282083.jpg
あまりの陽射しでパパにしてもらったタオル巻き頭

その後イチロは砂掘りに夢中。
頭に巻いたタオルがかわいい!!パパもタオル巻きがよく似合うけど、さすが親子だね。

あれだけの陽射しが降り注いでいたのに、山のほうから暗雲がたちこめる。
あっという間に大粒の雨が降ってきたので撤収ーーー。



【今日のヒトコマ】

d0146314_22405085.jpg
あ、宇宙人だ!!

d0146314_22413180.jpg
ぐへへ、お前かわいいなー

d0146314_22421159.jpg
食べちゃうぞぉぉぉー

d0146314_2243093.jpg
助けてー、ママぁーーー

とっても楽しそうな二人でした。


そういえばパパが対岸まで泳ぎ、向こうに立っているのを発見したイチロ(写真1)は
おもむろにパパ目掛けて水の中を突進!!ブクブクブク~~、、、、、、、、、、パシャパシャ!!
なんと溺れかけたと思ったら、犬かきをして泳ごうとしてた!!すごい!!!

でもそれを見たいたるさんはイチロを何回も水に沈め、
そのたびイチロは溺れかけゲポゴボっと鼻水を出し苦しそうにしてて、ちょっとかわいそう、、、
さすがに5回目にして「パパやめなさい!!」って怒ったらやめたけど。
ちょっとずつでいいんだからね、イチロ。(パパ、ひどい、、、、、)
泳げなくてもダイビングはできるんだよ。
[PR]
by niid-design | 2009-06-21 23:02 | 海のはなし

潜ったー

といってもタイドプールだけど。

春田浜のタイドプールに行ってきた。ここのタイドプールはすごくいい。
海底から隆起したサンゴ礁の上にミドリの草原が広がる不思議な海。

d0146314_1249281.jpg
ちょっと深めのタイドプールをみつけ、そこに潜ってみる。
海藻なのか草なのかわからない緑の植物が水の中でゆらゆら、ゆらゆら。
そして光合成をしているのか、ぷくぷくと小さな気泡がいっぱい上がっていく。

水に顔をつけると小さくパチ、パチっって泡の音が聞こえるのだ。
なんて幸せは音なんだろう。
このなんともいえない幸せを感じながら、しばしお魚と戯れる。

タイドプールには取り残された魚がいっぱいいる。
オヤビッチャやフグ、よくわからない大きな魚から小魚まで。
そして水面近くにはかわいいロウソクギンポやハゼたちがちょんちょんしてる。

あー幸せだーーーーーー。
春田浜は海の草原と言われてよく観光客が見に来るけど、
絶対潜らないともったいない世界が広がっている。
水中カメラを持って行かなかったので、映像でお伝えできなくて残念、、、、

d0146314_12501270.jpg
上から見るとサンゴ礁の上に草原が広がる

d0146314_12511847.jpg
こんなちいさな空間でも海を十分楽しめる

一路は浅いとこで遊んでいたけど、深いほうに進んできたから海につけてみたら大喜び。
泳げるかと思って顔をつけてみたけど海水飲んでゲホってして無理だった、、、ごめん一路。
でも泳いでるつもりか、体を支えて水面をスイスイすると足や手をばたつかせてた。

雨も降ってちょっと寒くなったので、そうそうに海は上がり、
安房のお友達と一緒に尾之間の温泉で温まって帰ってきた。
この温泉もすごーくいいお湯で、今日は本当に楽しい1日だった。

次はダイビングもするぞーーーー!!
[PR]
by niid-design | 2009-06-13 13:07 | 海のはなし

屋久島ダイビングライフ!!

d0146314_11551419.jpg
はじめて海に潜ったとき、こんな世界があったのか!!とすごーく感動した。

伊豆に住む友人と一緒に体験ダイビングをしてみよう!ということになった。
当日は前日から降り続く雨のせいもあって、肌寒く、透明度も悪かった。
体験なのでたぶん8mくらいしか潜ってなかったんだけど、
水中から見上げた水面を見て、とにかく感動した。
自分の吐いた息が泡となって上がっていくのをずっと見ていた。

その1ヵ月後にはOWを受けに、再び伊豆へ。
そして海の魅力にはまって、何度も大瀬に車を走らせた。
海では素敵な仲間にも出会い、素敵なおじさま方にもお世話になり、
そしていたるさんにも出会った。

よく今でも夢に見る、わたしの一番楽しかったダイビング。
その日は今までで一番透明度もよく、-25mから見上げた水面がキラキラと見渡せた。
そして息をするたび泡がゆっくりと上にあがっていく。

わたしは魚を見るのも好きだけど、海にゆったり溶け込むのが好きだ。

そんな伊豆を離れて、屋久島へ行くことを決意した。
屋久島は世界遺産の森で有名だけど、海はそんなに知られていない。
でも豊かな森があるってことは、その山と森が育てた水が流れ込む海はすばらしいに違いない。
まだまだ開拓されていない屋久島の海だから、いたるさんもここに決めたのかもしれない。
毎日毎日365日海に潜るいたるさん。
仕事のある日もない日も、雨の日もすっごく寒い日も毎朝6時前に起きて朝潜りへ行く。
いつもすごいなぁーと思っていた。情熱大陸に出られるんじゃないかってくらい(笑)

今度はその情熱が屋久島の海へ注がれることになる。
わたしもまだ潜っていない屋久島の海がどんなか楽しみでいっぱい!!


お知らせ:7月に屋久島にダイビングサービスをオープンします。ぜひ屋久島まで遊びにきてくださいね。
「屋久島ダイビングライフ」
※HPはまだ作成中。オープンまでに徐々に充実させていきます。

あとネットが引越しの関係で明日からしばらくつながりません。
とりどりの日々もしばらくお休み。次は屋久島ライフをお届けします。

d0146314_11581729.jpg
きっと大変なこともいっぱいだけど、家族3人で頑張っていこうと思います。
冬には伊豆の海が恋しくなって、戻ってくるような気も、、、する。
では、皆さん、行ってきまーす!!!
[PR]
by niid-design | 2009-03-30 12:05 | 海のはなし

川だ~

海の次は川に行ってきちゃいました。
しゅんぞうが夏の間バイトで大瀬に来ることになり、
その前にうちに泊まりにきた。

一路はヒゲのまっくろなおじちゃんを見て、ちょっと固まってた(笑)
とーちゃんも黒いけど、もうちゃんと人の見分けができてるみたい。

いたるさんがたまたまお休みだったから、
4人で修善寺方面へ狩野川を上がってもぐれそうなポイントを探す。
なかなかいいところがあったけど、日陰がなくて一路は暑くて大泣き。

でもとーちゃんはそんなことおかまいなしで、
パンツいっちょで川へ行ってしまった、、、、、、、、、

d0146314_1124561.jpg

一路を置いて遊びに夢中のとうちゃん(しゅうぞう撮影)


あまりの暑さに自分もしんどい。でも一路がかわいそうで川にいけないよー。
そしたらいたるさんが帰ってきて、
「すげー楽しい!!ハゼいるよー、潜ってこいよー!!!」

一路を見ててもらい、その辺で水着に着替えて私も川へ。

d0146314_11352095.jpg


水が冷たい!!冷たすぎてなかなか入れないでいると、
一路を抱えたいたるさんが足で水をバシャバシャかけてきた。

「ムカっ!!!」

でも一路を抱っこしているから対抗して水をかけれない、、、く、くやしい。
思い切って水の中へ入った。入ってしまえば水の冷たさが気持ちいい。

5分くらい遊んでいたら、またいたるさんが一路をはだかにして川へ向かってきた。
で、やっぱり一路をチャポンと川に入れた。
足が入った瞬間「ゥギャ~~~~!!!」それでもまだ入れようとするとうちゃん。
私でも冷たいのにかわいそう、、、。
「もうダメだって!!」って怒ったら、「かあちゃんは過保護だな~」だって。

d0146314_1128730.jpg

とうちゃんと目を合わせない一路

一路は本当に大変なとうちゃんを持ってしまったね。かわいそうに。
逆に水嫌いになったらどーしよー。
みんなで海に潜るのが夢なのに、、、スパルタもほどほどにしてね、いたるさん。
[PR]
by niid-design | 2008-07-31 11:45 | 海のはなし